FC2ブログ

区切り。

2011年04月09日 23:24

今日は、ちゃたの担当医と院長先生が来られ、
病院としての、正式な謝罪を受けました。



リマダイル投与による危険性を獣医師会などへの周知、
製薬会社を通じた農水省への報告、
病院内での薬の処方ミスの防止策…など、



病院としての、誠実な言葉、真摯な対応に
感謝と言ってはおかしいですが、
でも、そんなような感情を抱き、
謝罪を受け入れました。




もちろん、
解消できない疑問が残っているのも確かです。




だけど、それを解くには、
まだまだ時間が必要な気もします。




少なくとも、過去3度の話し合いを経て、
前を向いていけることはできるようになったと思います。





これでいい、ということはない。





だけど、





僕には、こうしかできなかった。





お互いに、鋭い痛み、鈍い痛み、
いろんな痛みを感じていることがわかったから。





ちゃただって、わかってくれるよね。





R0012111.jpg




最後に、二人に言いました。




ちゃたの痛みを取ってあげたかった。



この言葉を信じて生きていきます、と。




スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://santadayori.blog62.fc2.com/tb.php/956-52ed5c82
    この記事へのトラックバック


    最近の記事