FC2ブログ

心静かにさんたを想う日。-その5-

2010年11月03日 22:20

2008年秋に倒れた後、

さんたの老化が加速度的に速くなりました。



後ろ足を補助するのですが、

どんどん下半身の力が衰えてきて、GWを迎えるころには、

もう僕たちが支えてお散歩することが困難なほどになってきました。


僕たちもしんどい、さんたもしんどい…


といった感じで、僕らの疲労もピークに達する一方、

さんたも表情が冴えなくなり、体調も思わしくない日が続きました。



そんな時に出会ったのが、hiroさん。


hiroさんは、かつての愛犬に自ら車いすを作ったことをきっかけに、

今では多くのわんこたちに、

格安で車いすを作り続けています。



もちろん、僕たちもすぐにお願いしました。



これが、さんたの愛車・さんた号です。

最初はおっかなびっくりでしたが、すぐに慣れました。


特に自分で歩けることが、さんたには大きな自信となったようで、

再び笑顔を取り戻してきました。


021さんた号1







後ろ補助の負担がなくなったことで、

僕たちも、これまでよりもチカラを抜いてさんたをサポートできます。

そういった僕たちの精神的な変化を感じ取るのか、

さんたはどんどん、明るさを取り戻し、

笑顔いっぱいのハッピーなお散歩が戻ってきました。


023さんた号3



ぼんと並んでお散歩も復活です。

ぼんも、うれしそうでした。




022さんた号2





どうです、さんたとヨメのラブラブぶり(笑)


024さんた号4




さんた号は、まさに救世主となってくれました。



スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://santadayori.blog62.fc2.com/tb.php/793-f02abe49
    この記事へのトラックバック


    最近の記事