FC2ブログ

さんたの誕生日。

2010年04月30日 12:00

4月30日は、さんたの誕生日。



昨日が満月とも重なり、


やけに涙腺がゆるんでいるdaisukeです。




昨秋、さんたが旅立ったとき、

さんたのことも、ヨメのことも、自分のこともをうんと褒めてあげました。


よくがんばったね!って。



だけど、ひとつだけ心残りだったことがあります。



12歳の誕生日を迎えさせてあげたかった、ということ。




さんたが9歳になると、僕は

「もうさんたはいつ死んでもおかしくない」と

覚悟したというか、自分に言い聞かせていました。


だから、10歳を迎えたときは、本当にうれしくて言葉にならないくらいでした。


その年の秋に倒れ九死に一生を得た、さんた。


介護生活のまま迎えた11歳の誕生日は絶不調でしたが、

それでも誕生日を迎えられたことを感謝しました。


その年の5月の終わりにさんた号が出来上がり、再び自分で歩けるようになると、

さんたは、とびきりの笑顔だけでなく、どや顔まで連発するようになりました。


久しく見なかった、さんたの自信満々な顔に、

僕は「ひょっとして12歳までいけるかも」という期待を抱くようになりました。


夏場もなんとかさんた号とともに乗り切ると、

それは期待から確信に変わっていきました。



12歳になったら、お祝いはどうしようかな?

さんた号を派手にデコっちゃおうかな?

ご長寿の表彰状を自分で作ろうかな?


などなど、一人で勝手に妄想を膨らませていました。


しかし、11月の満月の夜に旅立ったさんた。


12歳を迎えさせてあげることができず、

自分の力の無さが本当に悔しかったです。



荼毘に付して、お骨になったさんたは、本当に本当に小さくなっていました。


斎場の方が、お骨を拾いながら「これは何処どこの骨」と教えてくれるのですが、

大型犬であれば、もっと大きなままで残ることが多いが、

ここまで燃え尽きて小さくなるのも珍しいと言っていました。


高齢になり骨が脆くなると、火葬したときに細かく粉々になってしまうようです。


おそらく骨がボロボロになるまで、

さんたはがんばって生きてくれたんでしょうね。



ひょっとしたら、10歳の秋に倒れたときに旅立つはずだったのかも…


僕たちが、さんたを旅立たせる、本当の心の準備をするために、

神様がくれた一年間の猶予だったのかな…


お骨を拾いながら、そう思いました。



そう思うと、僕の心残りも少し軽くなるようでした。



僕たちが、自分で自分を褒めることができたのも、

あの時助けてくれた先生や、介護のヘルプに駆けつけてくれた母をはじめ、

多くの方々に助けていただいたおかげです。



今日のさんたの誕生日。


さんたとの思い出に涙を流すとともに、


たくさんの方々へ改めて感謝したいと思います。




↓10歳の誕生日の写真。僕の人生最良の日でした。

080430_1907~0005




さんた、今夜はごちそうだよ♪


ぼんちゃんにあげちゃうけどね(笑)




スポンサーサイト





コメント

  1. うめにゃん! | URL | -

    サンちゃん! お誕生日 おめでとぉ~っ!

    今日は さんちゃん 里帰りですね!

    家族と一緒に 素敵な お誕生日を お祝いしなくては

    今年も! めいさん特製ケーキ 食べなくちゃネッ!

    さんちゃん! 12歳のお誕生日! おめでとぉ~っ!

    4月生まれの ちゃた君&もりにゃん! お誕生日 おめでとぉ~っ!

  2. daisuke | URL | -

    うめにゃんさん、ありがとうございます!

    涙もあるけれど、4月生まれのお祝いで明るいわが家です。

    もりがもう8歳。

    うめにゃん家で、遊びつかれてバタっと手足を伸ばしきって寝てたもり。
    みんなにかわいがられてましたっけね。
    懐かしいですね。

  3. クンママ | URL | -

    解ります・・・
    今年のクンタの誕生日も同じような気持ちで迎えました。
    生きていてくれたら14才・・
    心の中には今も元気でいてくれます。

    クンパパも4月生まれです♪

  4. みんみん | URL | -

    12歳…家のサンタ姫もあと2ヶ月で12歳でした。長生きだからしあわせとか…そんなじゃなく、ただ1日でも長くそばにいたかったしいてほしかった。。ですよね^^
    小さなお骨は、おそらく成長期にたくさん栄養をもらえなかったかもしれないさんたくんの過去も影響しているかもしれません。
    だけど立派に天寿を生き抜いたこと、さんたくんもご家族も素晴らしいと思っています。

  5. daisuke | URL | -

    クンママさん、ありがとうございます。

    やっぱり、そうなんですねぇ。
    僕のさんたも、いつも笑顔です。
    かわいくってかわいくって…

    クンパパさんもおめでとうでーす♪
    お伊勢さん参り、楽しかったみたいですね!

  6. daisuke | URL | -

    みんみんさん、ありがとうございます。

    サンタ姫、さんたとほぼ同じ年齢で旅立っていたんですね。
    偶然なのかもしれないけれど、なんだか感じるものがあります。
    「生き抜いた」にちょっと涙。
    さんた&クレファミリー(クレ、コースケ、ユキ、さんた、ぼんた)、飼育放棄からよく生き抜いてくれたと思います。

  7. ラッキー軍団の父です。
    今でも散歩のとき、さんちゃんいるかなぁ~ってうちのわんこに言いながら覗いてます。
    ぼんちゃんには悪いなと思うのですが、さんたくんのあの笑顔が忘れられません。
    これから、何年先になるかは分からないけれど、幸せを互いに感じられる時間をたくさん作りたい。。です。

  8. daisuke | URL | -

    ラッキー軍団BOSSさん、ありがとうございます。

    さんたの笑顔を覚えててくださり、ありがとうございます。
    僕も、しょっちゅうぼんに悪いなぁって思うんですよ(笑)
    だけど、ぼんのスマイルもさんたに似てきました♪

    いつまでもハッピーわんこライフを送り続けたいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://santadayori.blog62.fc2.com/tb.php/608-105c9809
この記事へのトラックバック


最近の記事