FC2ブログ

さんたが来た日。

2009年12月26日 13:01

さんたが保健所から救出され、里親ボランティアさんを経て

葉山のわが家にやってきたのは、ちょうど2002年12月26日です。



犬を迎えることに、僕はかなり慎重になっていました。


犬のことを勉強して、不幸な犬がたくさんいることを知っていたので、

24日に迎える決意をしたものの、最後にもう一日、

アタマを冷やす時間を置いたのです。


でも、決心が揺らぐことはなく、

犬を見に行った26日に、そのままクルマで連れて帰ってきました。




さんたが葉山に到着して、初めて出会った第一町人は、ご近所のレオンママさん。
(すみません、先日、所さんのダーツの旅で爆笑してたもので)


長時間、クルマに乗って酔い気味だったさんたを

やさしくナデナデしてくれました。


レオンママさんは、さんたの眉間のところをスリスリして

ここを撫でると、犬はリラックスできるんだよ♪

と教えてくれました。



その後、初のお散歩へ。もちろん、森戸海岸です。





自分の愛犬と海辺を散歩できるなんて!



本当に夢のようでした。


海を眺めて、さんたを眺めて、


自分の幸せが信じられませんでした。




出会う人には、


大きいですね


おとなしいですね


と言われましたが、それと同じくらい、



さみしそうな目ですね



と言われました。



初めて犬を飼う僕には、

「さみしそうな目」というのがよくわかりませんでした。


いや、初めてだからというよりも、


さんたが家族になってくれたことが


うれしくてうれしくて、とにかく有頂天だったので、

まったく気にならなかったのでしょう。


いま、この写真を見ると、たしかにさみしそうですね。


毛が少なくって、ピレとしてはみすぼらしい…とも言える。



hatsusanta.jpg




でも、かわいかったなあ。



かわいくて、いとおしくて、最初っから自慢の愛息子でした。




↓は、その夜、お世話になったボランティアさんへ出したメールです。


+------------------------------+


○○さん、△△さん、こんばんは。
daisukeです。

今日は、ありがとうございました。

犬を飼うことは、僕の小さな頃からの夢だったので、
今、とても幸せな気分です。
きっと幸せにしますので(なんだか結婚したみたいなセリフ)、
見ていてくださいね。

また、いろいろとご指導もお願いいたします。


さて、今日のさんたのご報告です。

さんたは、ずいぶん落ち着いています。
とても、初めて来た家とは思えません。

わが家に到着して、1時間ほどしてから海岸に散歩に連れて行った
のですが、とても落ち着いているし、早速ご近所のわんことも仲良
くなったようです。

散歩から帰ってくると、さすがに疲れたのか、2時間ほど爆睡して
ました。
掃除機かけても、まったく起きませんでした。

ごはんは、カップに4杯くらいをペロリと平らげました。
まだ欲しそうな顔をしていましたが、ネコの食事ペースとあわせて
朝晩の2食にしようと思い、おかわりはあげませんでした。

そしてまた、爆睡モード。
さんたの寝顔を見ていると、僕まで幸せな気分になってきます。

さっき、むくっと起き上がって、かわいい顔をしてこのメールを
打っている僕のところにやってきて、突然おしっこをしました!

やられました。

起き上がった時に気づけば良かったのに…
床の上だったから、まだ助かりました。

さんたは、床を拭く僕を尻目にまた寝てしまいました。
もうちょっとしたら起こして、おしっこさせて、寝室で寝ることに
します。

明日は、朝5時に起きて、散歩に行くつもりです。


+------------------------------+



われながら、本当に幸せいっぱいだったんだなあ…と思いますね。


ボランティアさんをはじめ、さんたが来る前からメンバー登録していた

ピレ軍団のみなさん、ご近所の先輩愛犬家たち、獣医さん…

たくさんの方から応援やアドバイスのメールや連絡をいただきました。


さんたが来たときも、旅立ったときも、

周囲のみなさんの優しい心が、本当に僕たちの力になりました。


心より感謝申し上げます。






話は飛びますが、


そういえば、さんたって、わが家に来てすぐにリラックスして、
お腹を出して「へそ天」で爆睡モードになったんだった。


思えば、ぼんも、わが家に来てすぐにリラックスモードでした。



↓ぼんが、初めてわがや家に入って数分後の写真です。


060524_1520~0001





何から何まで、ほんとによく似た親子です。



ぼんもさんたと同じくらい、僕を幸せにしてくれています。


僕も、さんたと同じくらい、いやそれ以上に愛情を注がなくっちゃ。


ぼんママさん、改めて誓います。



ぼんを幸せにします!(また結婚みたいだ(笑))


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://santadayori.blog62.fc2.com/tb.php/542-deb5fc4e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事