FC2ブログ

ティム13歳。

2005年08月08日 12:40

わが家のキング・ティムが13歳の誕生日を迎えた。

人間なら、ざっと60代後半といったところか。
山中湖のペンションで生まれ、練馬の狭いアパートで育った。

想えばあの頃のティムの食事は豪勢だった。
僕が38円/300gのスパゲティしか食べられないのに、ティムは88円/缶の猫缶を一日二回にドライフード食べ放題。
おまけににぼしやチーズといったおやつまで食べていたいたのだから。

その頃の僕はけっこう貧乏だったのだけれど、ティムには留守番で寂しい想いをさせる分、せめて食ぐらい満足させてやりたかった。
そうして僕が半ば栄養失調になる一方、ティムは肥満児の道を歩んでいった。

若い頃は暴れまくったティムも、このところ老いが見えてきた。
最近はどうも右脚の膝あたりが痛むらしく、歩く時や座る時にかばっている。
運動量も、めっきり減った。
先生の見立てでは、若い頃の肥満が影響しているのでは?とのことである。
ティムも年取ったなあ…と感慨にふけりつつ、自分も右膝が痛いことを思い出した。

僕の膝は遺伝らしいのだけど、ひょっとしたら僕の遺伝子がティムに受け継がれたのかしらん?と首をかしげる今日この頃である。
だって片や栄養失調で、片や肥満児だったんだから。

今は先生の指導の下、ダイエット中である。
膝を痛みをカバーするためにも体重を減らしたほうが良い。
ドライフードを体重にあわせた分量よりも若干少なめ、それと少しのおやつ。
二人で暮らしていた時代からすると、1/3以下の食事量である。

一方の僕もダイエット中。
やっぱり、膝の痛みをカバーするために体重は少ない方が良い。
かつて300g/食食べたスパゲティも、今では200g程度しか食べないようにしている。

お互い年を取った。
もう13年だもの。

2005-08-08.jpg





写真は子猫の頃のティム。
僕は当時カメラを持っていなかったので、子猫のティムの写真は非常に少ない。
今思えば本当に残念である。


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://santadayori.blog62.fc2.com/tb.php/532-74d747d5
    この記事へのトラックバック


    最近の記事