FC2ブログ

山中湖旅行 その2

2005年09月15日 12:36

山中湖旅行と言いつつ、初日は河口湖へ行った。
富士スバルランド・ドギーパークで、思いっきり遊ぶことが目的である。
ここにはドッグランは5つくらいあって、万一、さんたの苦手なわんこがいても他のドッグランで遊べると思ったからだ。
が、実際にはすべてのドッグランで貸切状態で遊べたので、心配無用だったけれど。

ドッグランといっても、さんた的にはドッグウォークである。
匂いをかぎながら、柵周りをひたすら回る回る。くんくんくん。
ノーリードで自由に歩き回ることができれば、それで良いのである。くんくん。

おもしろかったのが、芸人・さんたの初舞台だった。
なぜかステージが設置されているドッグランがあり、さんたはなぜか当然のように上がっていった。
ステージはちゃんと上手と下手から舞台裏へ行けるようになっていて、さんたはステージを一回りした後、当然のように上手へ一度引っ込んだ。
その後、ヨメのアンコールに応えて下手から笑顔で登場。
さんたコールがこだまし、気を良くしたさんたはステージから飛び降りるパフォーマンスも見せた。

と、言葉で書くと全然つまらないのだけれど、実際に見ていた時は、さんたがあまりにもステージ慣れしていて、あたかもそういう訓練を受けたかのように振舞うのがおもしろくって抱腹絶倒だった。
動画を撮らなかったのが残念でならない。

その後はアジリティーショーで注目されていたわんこたちに触発され、さんたも初トライ。
やはりここでも慣れたもので、輪っかのそばをすり抜け、平均台(?)の下をくぐり、三角山を無視し、ハードルをまたぎ、スラロームを通り過ぎて得意満面でゴールイン!
アジリティーの鬼と化した。

そんなこんなで、それなりに楽しく遊んだのだが、このドギーパークの欠点は「犬のレンタル」をやっていることである。
というか、レンタル犬の展示方法が非常に悪くて、狭い檻の中に入れたうえ、外から丸見え状態である。
僕たちが通りがかろうものなら、レンタル犬が一斉にわんわん吠え出す。
ストレスを抱えて檻の中でぐるぐる回っている子もいる。
正直言って、そういう犬たちを見るのは非常に心苦しいものがあった。

犬を飼えない人たちに、このドギーパークで犬と触れ合ってもらおうというコンセプトは悪くない。
でも、あの管理方法はいただけない。
犬にもスタッフにも不要なストレスを与えているように思えた。
もちろん、客としている僕たちも、無用なストレスを感じた。

あれだけ広い土地があるのだから、もっといろんな方法があるはずである。
ドギーパークの経営者には、ぜひ考え直してもらいたい。

楽しかった思い出とレンタル犬たちへの複雑な思いを胸に、山中湖へ向かう。


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://santadayori.blog62.fc2.com/tb.php/528-3fa3ae8e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事