FC2ブログ

山中湖旅行 その3

2009年09月25日 12:34

この日の山中湖の気温は23度。
葉山とは7~8度も低いので、さんたも快適そう。
目に付いたドッグカフェK'S POINTでランチを取ったあとは、湖畔を散歩。
さんたはしっぽを上げて、ルンルン歩いていた。
足取りも軽くて、目が笑ってる。
こういうさんたを見に来たんだよなあ…と思う。

この旅の目的は、夏中暑そうにしていたさんたに涼しいところでのんびりさせること。
さんたが楽しそうに歩く姿を見に来ただけなのである。
なので、散歩以外に特にやることもやりたいこともない。

こういう旅って、なかなか贅沢だなあとも思う。
「あそこも行きたい、ここも行きたい」とか「次どこ行こうか?」なんて、いちいち考えなくていい。
笑ってるさんたを眺めるだけである。

今回泊まったのは、ラムール・ノアという犬連れ専門のペンション。
別に専門でなくても良いのだけれど、芝生のドッグランに惹かれてここを選んだ。
チェックインの時に、いろいろと設備の説明を受けたんだけど、ここは設備的にはかなりすごい。
屋根付ウッドデッキにプール、温水シャワーにドッグバス、ドライヤー、ブロアーなどなど、もう泥んこになっ
て遊んだって平気なのだ。
さんたも朝の散歩で泥んこにったので、とても助かった。

ドッグランは歩いて3~4分ほどのところにあるのだけれど、着いてみて一瞬、ボー然。
ドッグランなのにフェンスがない。
植木やなんかでなんとなく囲ってあるのだけれど、囲ってないところも少なくなく、明らかに脱走が容易であ
る。
さんたのようなでへへ~犬は問題ないと思うけれど、万一のため常に犬の動きに注意しなくちゃいけない。

でも、ノーリードにしてさんたと遊ぶのは楽しかった。
相変わらず臭いかぎが中心だけど、時々スイッチが入ったように走り、跳ねる。
芝を蹴り、まるで仔犬のように跳ねるさんたは、すごくすごくかわいい。
さんたが自分の犬であることが、すごくすごくうれしいし、信じられないくらい幸せを感じる。

話をペンションに戻すと、ここの良いところは充実した設備と、オーナーの気遣い。
犬連れ専門というだけあって、不特定多数の犬連れ客の宿泊に慣れている。
さんたはゴールデンが苦手なので、その旨伝えておくと、ちゃんとゴールデンとは離れた席を用意してもら
え、しかも隅っこだったのでリラックスして食事をすることができた。
おかげで会う人会う人から「おとなしいですね~」、「良い子ですね~」、「ウチの子もそれくらい良い子だ
と…」などなど、賛辞続発。
オーナーさんの気遣いに感謝!である。

一方、このペンションには欠点もある。
客室が少々犬臭いことである。
この日は小雨も降って湿気が多かったせいもあるのかもしれない。
でも、丸2ヶ月間シャンプーしていないさんたの身体より、よっぽど臭かったな。
ちなみに客室以外は、まったく臭くなかった。
僕たちが泊まった日だけかもしれないけれど、今後努力して欲しいポイントである。

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://santadayori.blog62.fc2.com/tb.php/526-f183be07
    この記事へのトラックバック


    最近の記事