FC2ブログ

山中湖旅行 その4

2005年09月26日 12:34

さて旅行二日目は、まずハッキーパークというドッグランへ行った。
けれど、さんたはここでは楽しめなかったようで、早々に湖畔の散歩に変更。
湖畔の駐車場にクルマを停め、旭ヶ丘の緑地公園での~んびりお散歩。
この日は天気が良くて日向は暑かったんだけど、日陰はかなり涼しかった。
しかも湖畔なので、ビーチ(?)にも降りられて、ビーチ大好きのさんたも大満足の公園だった。
こういう木立の中を散歩していると、海もいいけど湖畔もいいなあという気になってくる。

昼食は、キャンティ・コモというイタリアンレストランでランチ。
ここはウッドデッキになっているテラス席がわんこ同伴OKである。
ルンルンしながら入り口に着くと、何やら店員さんが申し訳なさそうに手を合わせる。

店:ごめんなさい、わんちゃんはお店の中に入れないんです
だ:あ、犬だめなの?
店:いえ、テラス席はOKなんですけど…
だ:テラスでいいです
店:実は店内には入れなくて、外から直接テラス席に行ければ…の話なんです
だ:テラスの入り口ってどこですか?
店:ないんです
だ:え?
店:お客様に抱っこしていただいて、外から手渡しでわんちゃんを…

テラス席は地面より1.2~1.4mくらい高くなっていて、外からテラスへ入る入り口はない。
なので、犬を連れて入ろうと思うと、連れの一人が人間だけ店内からテラス席へ回り、もう一人が外から犬を抱っこして先にテラスに入った連れへ手渡す…という方法となる。
たぶん、店員さんは、さんたを見てそんなことは不可能だと思ったのだろう。
「ウチの店では、こんな大きなわんちゃんは初めてです」と言っていた。
たしかに、僕がよっこらしょっとさんたを抱きかかえてウッドデッキの手すりの間からさんたを入れると、周囲のお客さんが一様に驚いていたみたいだった。
まあ、突然足許からシロクマが出てきたら、誰だって驚くわな。

キャンティ・コモの後は、思い出のペンション・クリスティへ。
ここは僕たちが働き、ピレに出会い、ティムが生まれた場所である。
以前、僕に「悪いこと言わんからピレだけはやめとき」と忠告してくれたオーナー夫妻は、僕たちがピレを連れているのを見てびっくりすると同時に、「なんでこんなデカい犬飼うかな~?」と呆れていた。
僕のピレ好きはアンタのせいやん、とはさすがに言えなかったけれど、でも、彼らに自分のピレを見せられたのは、なんだかうれしかった。

オーナー夫妻にリバーの話をたくさんしてもらった。
彼は死ぬ直前まで、あのまんまの調子でお馬鹿で暴れん坊だったそうだ。
リバーとやったぶつかりっことか、湖畔までの全力疾走がすごく懐かしい。

オーナー達とひとしきり、リバーの思い出話に花を咲かせた後、山中湖を後にした。
話している間、さんたはごろんと横になり寝てしまった。
リバーの話ばっかりしているので、ふてくされちゃったかな?


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://santadayori.blog62.fc2.com/tb.php/525-47fb8037
    この記事へのトラックバック


    最近の記事