FC2ブログ

さんたおむつ日記 その5

2005年10月19日 12:29

9月26日(月)

おむつ生活の基本は、「監視」。

おむつだけだと、さんたがまた舐めたりかじったりして傷が広がるといけないので監視していなくちゃいけない。
これがけっこう大変。

何をするにしても、さんたのそばで、さんたの動きがわかるように、さんたを常に意識していなくちゃならない。
テレビやインターネットに集中するのはもちろん厳禁で、トイレだってダッシュする。
こうやって昼間はヨメがず~っと監視し、夜は寝るまで僕が監視する。
寝てる時はと言うと、おむつの上からパンツを穿かせ、さらにお尻部分をガムテープで補強する。

とは言え、エリザベスもコルセットも外したさんたは、もうあまり傷を気にしていないようである。
時々、お尻周辺を舐めようとするものの、その回数も日増しに減ってきた(あれ?変な表現だ)。
傷口の治りもずいぶん早いようで、先生のところに行くたびにさんたの回復を実感できるのがうれしい。

それにしても、診察室で大の大人が額を寄せ合って、犬の肛門を覗き込んでは喜んでいるというのは珍妙な光景である。
また、先生の奥様など、離れた所で何か別の仕事をされていても、「待って待って!あたしも見る~っ!」なんて駆け寄ってくるくらいだから、さんたのお尻もなかなかの人気である。
まあ、うらやましくもないけれど。


それから、先生の腫瘍に対する正式な診断結果が下された。
肛門周囲腺腫。
良性で、再発の心配もないだろうとのこと。

診察室で、自然に笑みがこぼれてくる。
軽口がついて出る。

不安は払拭された。
あとは傷を癒すだけ。
家の中が、ずいぶん明るくなってきた。



スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://santadayori.blog62.fc2.com/tb.php/520-34e108f0
    この記事へのトラックバック


    最近の記事