FC2ブログ

たまには…

2005年07月26日 12:53

ほとんど週刊さんた便りの最後の更新から、はや数ヶ月。
先日、ヨメが「さんた便りは、もう更新されないの?」と聞かれたそうである。
困った。
書きたいことはなくはないけれど、時間がないのだ。
でも、こういったブログ形式にして、シンプルに3行ずつくらい書いていこうかな。
3行なら書く時間はあるだろう。


さて、今日の話は、あらかじめ「ほとんど週刊 さんた便り」の↓を参照するとわかりやすいかも。
http://diary.cgiboy.com/d01/daisukekun/index.cgi?y=2005&m=2#16


今日は台風なので、会社をサボって帰ってきた。
昼過ぎに家に帰って来ると、さんたは玄関で寝ていた。
玄関は涼しいらしく、気持ち良さそうだった。

ふと足許に落ちている猫砂に気付いた。
にゃんずトイレに通じる洗面室のドアが開いたままだった。

ヨメの顔が引きつっている。
さんたは満足そうに寝ている。
僕は、さんたの口を開けてみる。

やっぱり、歯の間には猫砂がいっぱいだった。

アホアホさんた!
アホさんた!
アホアホシロクマ!
アホシロクマ!
アホアホマン!
アホ男!

こんなひどい悪口を言うのは、もちろんウチのヨメである。
猫砂だらけになっている洗面室や玄関を掃除しながら悪態をついている。

それというのも、さんたロックをするのを忘れて、ヨメが僕をクルマで迎えに来たためなのである。
つまり、元はと言うと、台風のため僕が会社をサボって早く帰ってきて、ヨメに迎えに来てもらったからなのである。

あぁ、かわいそうなさんた。
台風の被害は甚大だった。。。


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://santadayori.blog62.fc2.com/tb.php/506-11fc6b21
    この記事へのトラックバック


    最近の記事