FC2ブログ

ほとんど週刊 さんた便り「さんたの将軍様」

2007年07月12日 12:47

連続して、さんた便りのバックナンバー

+---さんたの将軍様 2003,2,12---+

☆★さんたの健康状態★☆
食欲:バッチリ(300cc×4カップ)
元気:バッチリ(さんた爆弾炸裂!)
体重:計り忘れ(だいすけが悪いのです)
将軍様:やわめ(最初のは固めなんですが)


将軍様って、何のことやねん?
と思っている方、いらっしゃるでしょうか?
大丈夫。これを読めばわかると思います。

将軍様というネーミングは、僕たちが「葉山の父母」と敬慕しているサラちゃんちで教えていただいたものです。
ちなみに小さい方は、御三家と呼んだりもします。

さて、さんたは基本的に毎日、朝と夕に将軍様を産みます。
上様とも呼ぶべき将軍様を、下々の者が歩く地に着かせるなんてとんでもないことですので、わが家では天下の朝日新聞(朝刊)でお受けしております。

毎日の出産場所は決まっており、そこまで行くと、さんたは念入りにチェックをはじめ、おもむろに腰を落とします。
これは御三家の時よりもあきらかに低い姿勢なので、すぐにわかります。
そこで、僕もおもむろに天下の朝日新聞を取り出し、将軍様をお受けするわけです。

ちなみに天下の朝日新聞を素早くセットしたら、風上で生まれるのをお待ちするのがおススメです。
風下でお待ちするのは、ちょっと苦しい時もありますので。


また、たまたまお受けしようとする紙面が「週刊 FLASH」かなんかの広告面で、グラビアアイドルやなんかの顔写真が掲載されていたりすると、気弱な僕はとても罪悪感を感じてしまいます。
こんな目に遭ってるなんて、本人はつゆとも思ってないだろうなあ。


ところで、いつもの場所で産めなかった場合、歩いている途中に突然産気付いてしまうことも、ままあります。

普段、さんたは引っ張ることもなく、てれてれと歩いているわけですが、突然それがビタンッと止まります。
なんだろう?と振り返って見ると、すでにさんたは出産体勢。
やばいっ!とあわてて、天下の朝日新聞を取り出すも、間に合わかったことが、2度ほどありました。

え~と、近隣のみなさま、ごめんなさい。
自分なりに一生懸命、ふき取るのですが、将軍様がやわらかめの時はアスファルトの間に入り込んで、どうしても完全にはきれいに取れないのです。
そのため最近では、いつもの出産場所で将軍様が生まれなかった場合、天下の朝日新聞を手に持ってスタンバって歩いています。


そういえば、吉岡油糧というメーカのフードに替えてから一週間ほど。
まだ将軍様はやわらかめですね。
今は、吉岡とユーカヌバと半分ずつにして、新ビオフェルミンSの粉薬を粉ミルクと一緒にフードに振りかけています。
早く普通の固さに戻ると良いのですが、噂では吉岡のフードは将軍様がやわらかくなるコが多いとか。
まあ、しばらくは様子を見てみます。


だけど、さんた、元気はバッチリです。
飛んじゃうくらいですから。。。(^◇^;)

今にして思えば、さんたが飛ぶ姿を真正面から見たかった。
出遅れていた僕は、階段の上から見たのです。
ネコみたく距離や高さを目測して、ぷるんってお尻を振って飛んだんですよ。
きっと満面の笑顔で飛んだんだろうなあ。
ヨメに見て欲しかったんだろうなあ。
かわいかったんだろうなあ。


あ…、話が飛んでしまいましたが、「将軍様」とはこのようなものです。
つまり、健康状態の把握にはかけがえのない大切な存在なのです。
今後も、さんたの将軍様をよろしくです?!


注)下の画像は、本文とは何の関係もありません。
  ご存知の通り、武家の棟梁で初代鎌倉将軍の源頼朝公です。
  歴史好きな僕が大好きな人物で、鶴岡八幡宮に行ったときは、感無量でした。
  ちなみに、この人はかなり堅い人でした。
将軍


+----------------------------+

わが家へ来た当初のさんたは、将軍様がやわやわなことが多く、毎日将軍様の様子に一喜一憂していました。
原因は「虫」だったのですが、この頃は検査しても見つかりませんでした。

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://santadayori.blog62.fc2.com/tb.php/136-bca6fb9f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事