FC2ブログ

ちゃたについてご報告。

2011年02月06日 20:36

ご心配をおかけしたみなさま、申し訳ありません。



今日、動物病院へもう一度行き、院長先生と話をしてきました。



結論から言えば、院長先生の見解は、



ちゃたの死は、薬の処方ミスによるものと考えざるを得ない


病理解剖などせずとも、今回のプロセスを見れば、処方ミスは明らかだ


ということでした。




処方されていたリマダイルは、やはり猫に投与すべきものではなく、
使うとしたら手術前後に一度だけ投与する程度で、
猫に対して数日間も与えるということは、きわめて考えにくいようです。



ただし、もちろん、リマダイルそのものがちゃたの心臓を止めたとか
そういうことではなく、リマダイルによる副作用が何らかの症状を
引き出し、それが急死につながったと推測されるのです。



リマダイルは副作用の少ない鎮痛薬として知られているそうですが、
猫に投与すべきでないことは、きわめてよく知られていることで、
今回処方した獣医も、それは認識していたとのこと。




じゃあ、どうして、そんな薬をちゃたに処方したのか?



しかも、僕たちには、猫に投与すべきでない薬であることは
知らされていませんでした。




なぜ?


どうして?



院長先生によると、

本人からは「処方してしまった。申し訳ありません」
という言葉しか聞けなかったとのことで、
なぜリマダイルを処方されたのか、真相はわかりません。



昨日も書いたように、
この若い先生のことを、僕は信頼していましたし、
好感を持っています。




院長先生の推測によると、
ちゃたの痛みを取ってあげたかった。




たぶん、そうなのでしょう。



だから、よく効く鎮痛剤=リマダイル。




だけど、さほど注意の必要でない薬と同じように
必要以上の量を処方してしまった。



理由は…



ない。





本人の頭の中にはあるかもしれませんが、
他人にきちんと説明できるような理由はないのです。



言葉にならない、できない、
痛恨の何かしか…




そして、動物病院には、そんなミスを防ぐ手立てはない…







院長先生の薬に関する説明と、
今回ちゃたが受けた処方は完全に逆じゃないですか!?

それで理由はない、処方してしまった…では、
わざと悪意でやったとしか思えないですよ!





僕は、誰かを責めたいわけじゃなかった。


でも、この時ばかりは、怒りをぶつけざるを得なかった。



いや、あれは怒りだったのかな?




わかりません。




だって、僕にも落ち度はあるのです。




ちゃたが嘔吐したのに、元気がなかったのに、
病院へ連れて行かなかった。



あの時、ティムと一緒に連れて行ってれば助かったかも…


と思うと、胸が張り裂けそうです。




いつも「犬猫を守ってやれるのは飼い主しかいない」と思い、


生意気にも、周りに対してもそう言っているのに、


僕は、ちゃたの出しているサインを無視してしまったのです。



慢心でした。





院長先生にぶつけたのは、たぶん、


自分に対する怒り、


医療ミスに対する憤り、


ちゃたの死に対する悲しみ、


何だかわからないもやもや感でした。




でも、1時間を越える話し合いの中で、院長先生には、


真摯な謝罪の言葉と、


製薬会社などへのさらなる注意喚起、


そして、再発防止策として、


病院内での薬の処方が誤っていないか


複数によるチェック体制を構築することを約束していただけました。




だからといって、納得もできないし、何も解決してないのですが、


もやもやが、わずかに薄れてきたような気はしています。






帰りのクルマの中で、


痛みを取ってあげたかった


という言葉が、やけにひっかかっていました。



うん、たぶん、そうなんでしょう。




彼は純粋に、
ちゃたの痛みを取ってあげたかったのです。



僕たちだって純粋に、
ちゃたの痛みを取ってあげたくて病院に行ったのだから。





そう思うと、涙がぽろぽろ流れてきました。





みんなが、


ちゃたの痛みを取ってあげたかったんだよ。





それだけはわかってね、ちゃた。





R0012741.jpg
スポンサーサイト





最近の記事