スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心静かにさんたを想う日。-その6-

2010年11月03日 22:25

盟友・さんた号を得て、再び笑顔を取り戻したさんた。



025さんた号5



僕は、このままいけば、

翌春、12歳の誕生日を迎えることができると思っていました。



だけど、時というのは、そんなに甘いものではないんですね。



さんたは、11月4日 午前1時30分に旅立ちました。


すばらしく美しい満月の夜でした。


028さんたmoon



さんたが旅立ったときのことは、↓の記事に書きました。

「さんたが旅立ちました」

「今年も終わり」




多くの方々が駆けつけてくださり、

たくさんのお花やメッセージをいただきました。

さんたがつないでくれた、たくさんの縁。


本当にうれしかったです。


今でも、さんたには感謝の言葉しか見当たりません。


027旅立ち





明日は、さんたの命日。


030さんた



心静かにさんたを想うことにします。








スポンサーサイト

心静かにさんたを想う日。-その5-

2010年11月03日 22:20

2008年秋に倒れた後、

さんたの老化が加速度的に速くなりました。



後ろ足を補助するのですが、

どんどん下半身の力が衰えてきて、GWを迎えるころには、

もう僕たちが支えてお散歩することが困難なほどになってきました。


僕たちもしんどい、さんたもしんどい…


といった感じで、僕らの疲労もピークに達する一方、

さんたも表情が冴えなくなり、体調も思わしくない日が続きました。



そんな時に出会ったのが、hiroさん。


hiroさんは、かつての愛犬に自ら車いすを作ったことをきっかけに、

今では多くのわんこたちに、

格安で車いすを作り続けています。



もちろん、僕たちもすぐにお願いしました。



これが、さんたの愛車・さんた号です。

最初はおっかなびっくりでしたが、すぐに慣れました。


特に自分で歩けることが、さんたには大きな自信となったようで、

再び笑顔を取り戻してきました。


021さんた号1







後ろ補助の負担がなくなったことで、

僕たちも、これまでよりもチカラを抜いてさんたをサポートできます。

そういった僕たちの精神的な変化を感じ取るのか、

さんたはどんどん、明るさを取り戻し、

笑顔いっぱいのハッピーなお散歩が戻ってきました。


023さんた号3



ぼんと並んでお散歩も復活です。

ぼんも、うれしそうでした。




022さんた号2





どうです、さんたとヨメのラブラブぶり(笑)


024さんた号4




さんた号は、まさに救世主となってくれました。



心静かにさんたを想う日。-その4-

2010年11月03日 22:15

2008年4月30日。

さんたが満10歳の誕生日を迎えました。




お菓子作りに縁のないヨメが、

さんたのためにバースデーケーキを作ったんです。


080430_1907~0005


初めて犬を飼う僕たちにとって、

さんたの10歳は特別な意味を持ちました。








しかし、さんたが倒れたのは、その秋のことでした。




一時は命も危ぶまれたのですが、

獣医さんの適切な処置のおかげで、一命を取り留めました。


24時間の点滴投与が2週間ほど続いたのですが、

さんたの笑顔が戻った時の幸福感は忘れられないです。


019病気






とりあえず、ピンチは脱したさんたですが、

自分ひとりで立ち上がることはできなくなり、

お散歩その他、何をするにも補助が必要となりました。


だけど、歩けるようになった時は、

本当にうれしくてうれしくて、ヨメと涙しました。










ただし、自分ひとりでは身動きできないので、

一日の大半を身体を横たえて過ごすことになりました。


020病気




さんたの介護生活が始まりました。



心静かにさんたを想う日。-その3-

2010年11月03日 22:10

さんたと暮らし始めて4年目。


息子の「ぼんた」が、わが家の家族になりました。

ぼんは、保健所で生き別れたさんたの実の息子で、

それまで「ボン」という名前で鎌倉でかわいがられていたのですが、

飼い主さんが病気のために亡くなり、わが家の子になりました。




親子とはいえ、雄ピレ同士。

十二分に気をつけなくてはなりませんでした。

雄同士の順位争いの闘いになった場合は、決して手を出してはいけません。



さんたとぼんは、3度闘い、


3度、さんたがぼんを組み伏し、完全に序列が決定しました。





それ以降は、本当に仲良し親子。


どこへ行くのも、何をするのも一緒です。





一緒にお散歩。


016一緒にお散歩





一緒に休憩。


017一緒にお散歩2






気づくと、並んでるんですよね。

親子というより、兄弟のように見えました。


017一緒にお散歩3









また、気づくと並んで寝ていました。


014一緒にねんね



「シロクマの開き」みたいなときは、二人で笑いました。



015一緒にねんね







小さいデミオに乗って、みんなでよくお出かけしたね。


018一緒にお出かけ2








箱根、軽井沢、八ヶ岳、山中湖、蒲郡&知多、広島…etc


いろんな所に行きました。


013一緒にお出かけ







この写真は、僕の理想の人生そのもの。


リアル人生が、夢を超えた時でした。


jinsei.jpg



最高にハッピーでした。


心静かにさんたを想う日。-その2-

2010年11月03日 22:05

しばらくして、すっかりわが家の家族になったさんた。



いつも笑顔で、僕たちを和ませてくれました。


012笑顔








さんたの得意技は被り物。


何をかぶせても、まったく「されるがまま夫」です(笑)


007被り物


009被り物?











こっちはアルル姉さんが毎年作ってくれていた干支の被り物。

この写真を使って、年賀状を作っていました。


008干支



サルが一番似合ってるかな?







でも、さんたに似合うのは、なんといっても赤!

さんたはカープのために生まれてきたかのように、

赤が似合います。


010カープエプロン


010カープユニ


ちょうど、ベースボール・ドッグのミッキー

大人気になっていましたね。







また、さんたなだけにサンタはお約束です。

クリスマスシーズンにサンタの格好で歩くと

みんな笑顔になっていました。


011サンタさんた










清里に行った時は、サンタクロースと記念撮影。


029さんたくろーす


サンタさんたです。




長年、犬を飼うことが夢だった僕。


さんたは、僕のサンタクロースです。




心静かにさんたを想う日。-その1-

2010年11月03日 22:00

明日は、さんたの命日。


さんたが旅立って、一年が経とうとしています。



今日明日は、心静かにさんたを想う日にすることにしました。




左側は、さんたが来た日の写真。


保健所に収容され、あと3日の命だったさんた。

クリスマスイブにボランティアさんに救出され、

その二日後に、わが家にやってきました。

クリスマスだったので、「さんた」と名づけました。


001わが家に来た日


さんたが来た当初、多くの人から

さみしそうな目をしてるね

と言われました。


当時の僕は、長年の夢だったわんこに喜びいっぱいだったせいか

ちっともそんな風に感じませんでした。


でも、今はわかります。


5ヶ月も飼育放棄された挙句に捨てられたさんたは、

絶望してさみしくて辛かったはずです。

僕たちに尻尾を振るようになるまで、しばらく時間がかかりました。








だけど、持ち前のマイペースキャラを発揮して、

さんたはわが家では、すぐにくつろぐようになりました。


この写真も、わが家に来て何日も経っていないものです。


002すぐにリラックス


まるっきし無防備です(笑)







でも、そうは言っても、最初は大変でした。

特に粗相が多く、

毎日フローリングやカーペットの掃除が本当に大変でした。


003粗相


さんたの右に写っているボトルは、

「シンプルソリューション」という脱臭剤。

本当にお世話になりました(笑)








さらに当時は、ヨメがアルバイトをしており、

来たばかりのわが家で留守番までしてたんですね。

さんたに相当のストレスをかけてしまいました。


そのせいか、時折、さんたタイフーンが(^^;;)


004大暴れ


DIYで作ったコーヒーテーブルが、

ペシャンコになっていたこともありました。









また、さんたは皮膚が弱く、

自分で舐めては、しょっちゅう湿疹を作っていました。


そこで、直接舐めないように、

僕のTシャツや短パンを着せたものです。


005服


何気に、結構な衣装持ちだったんですよ(笑)





ある日、僕が帰宅すると、

変なおっさんが床に寝ていたことも(爆)










006おっさんた




大変なことや心配事も多かったけれど、


僕が理想とする家庭に確実に近づいていました。




最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。