FC2ブログ

さんたの誕生日。

2010年04月30日 12:00

4月30日は、さんたの誕生日。



昨日が満月とも重なり、


やけに涙腺がゆるんでいるdaisukeです。




昨秋、さんたが旅立ったとき、

さんたのことも、ヨメのことも、自分のこともをうんと褒めてあげました。


よくがんばったね!って。



だけど、ひとつだけ心残りだったことがあります。



12歳の誕生日を迎えさせてあげたかった、ということ。




さんたが9歳になると、僕は

「もうさんたはいつ死んでもおかしくない」と

覚悟したというか、自分に言い聞かせていました。


だから、10歳を迎えたときは、本当にうれしくて言葉にならないくらいでした。


その年の秋に倒れ九死に一生を得た、さんた。


介護生活のまま迎えた11歳の誕生日は絶不調でしたが、

それでも誕生日を迎えられたことを感謝しました。


その年の5月の終わりにさんた号が出来上がり、再び自分で歩けるようになると、

さんたは、とびきりの笑顔だけでなく、どや顔まで連発するようになりました。


久しく見なかった、さんたの自信満々な顔に、

僕は「ひょっとして12歳までいけるかも」という期待を抱くようになりました。


夏場もなんとかさんた号とともに乗り切ると、

それは期待から確信に変わっていきました。



12歳になったら、お祝いはどうしようかな?

さんた号を派手にデコっちゃおうかな?

ご長寿の表彰状を自分で作ろうかな?


などなど、一人で勝手に妄想を膨らませていました。


しかし、11月の満月の夜に旅立ったさんた。


12歳を迎えさせてあげることができず、

自分の力の無さが本当に悔しかったです。



荼毘に付して、お骨になったさんたは、本当に本当に小さくなっていました。


斎場の方が、お骨を拾いながら「これは何処どこの骨」と教えてくれるのですが、

大型犬であれば、もっと大きなままで残ることが多いが、

ここまで燃え尽きて小さくなるのも珍しいと言っていました。


高齢になり骨が脆くなると、火葬したときに細かく粉々になってしまうようです。


おそらく骨がボロボロになるまで、

さんたはがんばって生きてくれたんでしょうね。



ひょっとしたら、10歳の秋に倒れたときに旅立つはずだったのかも…


僕たちが、さんたを旅立たせる、本当の心の準備をするために、

神様がくれた一年間の猶予だったのかな…


お骨を拾いながら、そう思いました。



そう思うと、僕の心残りも少し軽くなるようでした。



僕たちが、自分で自分を褒めることができたのも、

あの時助けてくれた先生や、介護のヘルプに駆けつけてくれた母をはじめ、

多くの方々に助けていただいたおかげです。



今日のさんたの誕生日。


さんたとの思い出に涙を流すとともに、


たくさんの方々へ改めて感謝したいと思います。




↓10歳の誕生日の写真。僕の人生最良の日でした。

080430_1907~0005




さんた、今夜はごちそうだよ♪


ぼんちゃんにあげちゃうけどね(笑)




スポンサーサイト



カープが惨敗したので…

2010年04月20日 21:47

とりあえず、



さんたぼんた。





060702_0925~0002





明日は勝つぞ!






始まりの鐘。

2010年04月18日 09:41

2日連続のサヨナラ勝利!!


廣瀬が吠えたっ!!





+---以下、中国新聞より---+


中 日220300000 ―7
広 島100230011x―8

▽勝 高橋9試合3勝
▽敗 高橋10試合3勝1敗
▽本塁打 森野4号(2)(長谷川)5号(3)(青木勇)梵2号(1)(バルデス)

(略)

Cs20100417041601.jpg



両リーグ最低打率にあえぐ打線が連日のサヨナラ劇を演出した。
同点の九回2死二、三塁。
広瀬は「打率が低い僕を使ってくれている。期待に応えるために自分で決める」。
打球が二遊間を抜ける。
両手を広げて待つ緒方野手総合コーチと抱き合うと、歓喜の輪が幾重にも広がった。

(略)

+---以上、中国新聞より---+


法政大学からカープに入団して10年。


大学時代は三冠王も取ったことのある強打者でした。


ところが、プロ入りすると、なかなか打撃が開花しない。


打てるようになってきたかな?と思うと、すぐに低迷。


今季、打撃好調で開幕スタメン入りしたものの、

またいつものように気付けば打率が2割を切っていました。



でも、守備は超一流、肩も超一流。


廣瀬が外野にいることで、これまでいくつの失点を防いだことか…


廣瀬に足を向けて寝れない投手が何人いることか…






始まりの鐘が鳴る 広島伝説

豪快に放て

勝利に向けて走れ

始まりの鐘が鳴る 広島伝説!




僕が一番大好きな応援歌です。



6点差を跳ね返した廣瀬のサヨナラ打


優勝に向けて


広島伝説の鐘は鳴りました。










ところで、我らが梵英心が、昨日4安打で打率を3割に乗せました!!


前田の一打。

2010年04月17日 11:55

言葉はいらない。



前田智徳。







最高。





maedaogata.jpg




今年からコーチとなった緒方と抱き合う前田。


泣いた。




二遊間を抜けたとき、


いつもクールで感情を出さない一塁ランナーの梵が


ガッツポーズで走ってた。




あの英心が右の拳を力いっぱい突き上げていた。





前田の一打。




広島の魂。




決めた!足とパワーで!打った英心!!

2010年04月15日 12:34

昨夜のヤクルト戦は、梵英心の大活躍で鮮やかな逆転勝利。


+---以下、中国新聞より---+

ヤクル |030|000|000| 3 
広 島 |000|203|01X| 6
 

▽勝 斉藤3試合1勝2敗
▽S シュルツ6試合1敗3S
▽敗 石川4試合4敗
▽本塁打 梵1号(2)(石川)ヒューバー2号(1)(石川)



Cs20100414031002.jpg




(略)

乾いた打球音が、湿った打線に火をつけた。

0―3の四回無死一塁で左翼へ2ランを放った梵は

「打撃練習でもない当たり。走りながら、思わず笑っちゃった」と照れ笑い。

らしくない特大アーチで劣勢を引き戻した。


らしさを発揮したのは六回だった。

同点直後の1死から内野安打で出塁。

左腕石川の巧みなけん制とクイックモーションをかいくぐり、二盗を決めた。

「あれを成功させないと僕の仕事がなくなる」。

外野に前進守備を敷かせ、

広瀬の飛球に背走する左翼手の失策を誘って勝ち越しのホームを踏んだ。

(略)

+---以上、中国新聞より---+


燃えろ!燃えろ! 梵

勝利目指して走れ!

決めよ!足とパワーで

打てよ!英心



特大2ランに逆転打をお膳立てした盗塁。

応援歌そのままの大活躍でした。




特に反撃の狼煙となった特大2ランは、

梵ファンとしては、久々にスカッとした一発でした。




もちろん盗塁も良かった。



上記本人の談話

「あれを成功させないと僕の仕事がなくなる」

という意識は、本当にいいですね。




梵が真価を発揮すれば、カープはめっちゃ強くなります。








bsd1004142339002-p3.jpg



珍しく「思わず笑っちゃっ」てます。




地元広島での今季初勝利は、石原サヨナラ弾!

2010年04月14日 12:35


bsd1004140505000-p2.jpg





昨夜は延長10回、石原のサヨナラ弾で勝ちました。












打った瞬間、いけぇ~~~~っ!!と叫んでしまいました。




メジャー帰りの高橋建さんに2年ぶりの勝ち星。



好投した先発の青木ぺろ~んは、相変わらず勝ち運がないですねぇ。



しかし、昨年の楽天戦でのサヨナラホームラン神宮での逆転3ランなどなど、


石原って印象深いホームランを放ちます。




ishihara.jpg





ここぞ!という時の集中力・度胸がすごいんでしょうね。



ま、普段はダメダメなんだけど…




今日から連勝街道驀進じゃあ!





旅するぼんた。-神代桜編-

2010年04月12日 22:34

ぼんたを連れて、日帰り旅行。



最初に立ち寄ったのは、鮎沢SA。



84685763l.jpg



豚まん~。





84688342.jpg



皮だけだけど、おいしい~。





次は、双葉SA。


8474152.jpg



ここではソフトクリームをペロペロ。




目的地では…



84782721.jpg



岩魚の塩焼き~。




84785841.jpg



んまーい!!



旅はええのぉ~♪


買い食いに限るのぉ~♪





あ、肝心の旅の目的は、山梨県北杜市にある神代桜を見に行くことでした。


樹齢2000年とも言われ、まさに神代の時から生き続けている希少な桜だそうです。



↓桜を鑑賞する風流なぼんた。

R0012527.jpg





↓これが神代桜。


R0012548.jpg



ちょうど満開で、本当にきれいでした。


2000年を経てもなお、美しい桜の花を咲かせ続けるところに

生命の力強さを感じさせられる樹でした。





↓今回も、旅先でたくさんイイコイイコしてもらえて大満足なぼんた。


image.jpg





旅はええのぉ~~。



R0012486.jpg



いっぱい食べて、

いっぱい歩いて、

いっぱいイイコイイコしてもらえた

大満足の旅でした。







往復10時間かけただけあります。



キムタクありがとう。

2010年04月07日 21:21

キムタク。


よくがんばってくれたよ。


家族のため、ファンのため、がんばってくれたんだね。


奇跡が起きない限り…と言われる中、5日間も


キムタクらしく粘りに粘ってくれたんだね。



本当にすごい。




まだまだ思い出なんて言いたくないけれど、



緒方の引退試合で打ってくれた完璧なセンターフライ。



あの時の笑顔が忘れられない。








君は宮崎出身だが、



今は巨人のメンバーだが、



やはり、広島の誇りだ。




本当にありがとう、キムタク。




ありがとう。




kimutaku.jpg




足跡。

2010年04月04日 20:19

さんたと歩き、




さんた・ぼんたと歩き、




ぼんたと歩いている森戸の浜。






これからも、





今を大切に、一歩一歩。









100331_0638~0001


















珍しくきれいに足跡がついたので、わざわざ戻って(笑)パチリ。



階段。

2010年04月02日 05:40

昨日は、まさかの広陵敗戦。


立ち上がれないくらいのショックでした。。。。


エイプリルフールに、本当に悪い冗談のようでした。




でも、広陵ナインはよくがんばった。


広島の誇りです。




で、自分を癒すために、ぼんちゃんを。







ごはんだよ~。



降りておいで~。












階段を降りてくる時の揺れる耳がかわいいんです。













夏は、広陵が制覇します。









秋には、カープがセ・リーグを制します、たぶん。。。。







最近の記事