FC2ブログ

カルガモ親子 その2

2008年06月30日 19:10

20080630191034
土曜日の午前中、またカルガモ親子を見かけました。

陸ではヨチヨチしてるチビっ子たちも、水の上ではスイスイ~っと泳いでんですよ。
母ガモを追い越したりね。

ほんとかわいいです。

健やかに育ってほしいなあ。

大人になっても、葉山に帰ってきてね。
スポンサーサイト



さんた@ALL-IN!激!!

2008年06月24日 19:59

昨日のカープvsイーグルス、すごかったですねー。

長谷川&青木ペがボロボロで完全な負け試合と思われたのですが、5点差を見事にひっくり返す劇的な逆転劇でした。

前田のタイムリー、緒方の同点弾が本当に素晴らしかった!

二人とも代打で出たのですが、本当にすごい奴らです。

特に緒方は、初球の真っ直ぐを狙い撃ちしてスリーラン。
代打のセオリーといえばその通りですが、スタンドまで持っていくなんて、そうそうできるもんじゃないですよ。
しかも、緒方はこういうのは今季2度目ですからね。


あまりにもすばらしい逆転劇に、わが家のカープ犬・さんたも感動。


ALL-IN!激!!と萌えて…じゃなかった燃えております!




















さんた@ALL-IN!激!!



市民球場ラストイヤーを優勝で飾るんじゃー!!



朝の散歩の後で

2008年06月23日 22:31

さんぼんたは、すっごい仲良しなんですよね~。

今朝の散歩後の1コマです。


どっちがどっちか、わかるかな~?
























仲良し親子




家族に名前をつけよう!

2008年06月16日 19:48

この間、朝の情報番組で、タレントのスザンヌのことをやってました。

なんでも、彼女の家族は全員英語の名前を持っているそうです(ニックネームだと思うけど)。

父:ヴァンダム
母:キャサリン
本人:スザンヌ
妹:マーガリン
祖母:ナンシー


おばあちゃんにまで付いてるのも笑ったけど、妹のマーガリンにはもっと笑っちゃいました。

だって、食べ物やん!
軽い食感やん!

みょ~にウケたので、わが家の家族にも英語名を付けてみました。


ま、僕は大輔なんで簡単ですね。

ダニエル


ヨメは、うかつな名前を付けると怒られるので、

メアリー

そういえば、トム・ソーヤのメアリーおばさんって怖いんですよねー。


ティムは元々英語名だから逆に和名にして、

太郎


長男だもんね。


さんたは、わが家に来る前はフェンディという派手な名前だったんですが、もう捨てた名前なんで却下。

サンタ

さんたはサンタクロースですよ、やっぱ。


ちゃたはブラウンにしようと思ったけど、

マーティ


世界の常識として、ブラウンと言えば、マーティ・ブラウンですね。


ぼんは悩んだ結果、

ロバート

パッと浮かんできたのはボブなんですが、その元々の名前を採用してみました。



で、注目のもりは…










































モーリー



もりを英語で…っていうと、モーリーとしか出てこないんですよねー。
モーリーって顔してません?

モーリー


アメリカのテレビの動物番組とかで、

『今日も猫のモーリーは、べんぞうをかわいがっています。
べんぞうは、モーリーの宝物なのです。』


なんていうナレーションが聞こえてきそうじゃないですか?




というわけで、わが家が今後テレビで芸能人一家として出るときは、この名前で出ます。

だいすけ→ダニエル
めい→メアリー
ティム→太郎
もりと→モーリー
さんた→サンタ
ちゃたろ~→マーティ
ぼんた→ロバート


マスコミの皆様、どうぞよろしくお願いいたします。





ところで、実はモーリーには、テレビの取材依頼が時々あるんですよ。
いつもお断りしてるんですけどね。

カルガモ親子

2008年06月11日 07:52

20080611075233
今朝、さんぼんとお散歩してたら、森戸川にカルガモ親子がいるのを見かけました。

ちょこまかちょこまかとお母さんについていくチビっこカルガモたち、めっちゃかわいかったです。

デジカメを持ってなくて残念。

でも、なんだか今日は良い日になりそうです。

アレルギー体質は、すごく嫌だ。

2008年06月10日 19:50

唐突ですが、僕は、そばアレルギーです。

広島にいた頃は、「そば」っていうと「蕎麦」じゃなくって、「焼きそば」だったんですよ。
お好み屋さんで、「そばにする?うどんにする?」って感じで。
だから、給食の時だけ気をつけてれば、自分がそばアレルギーなんてあんまり気にしたことなかったんです。

ところが、関東ではそばアレルギーって、実はけっこう屈辱的なんですね。


飲み会の最後に、よくそばが出てくるんですよ。
小ぶりのどんぶりとかお椀に入った、すごくおいしそうなヤツ。
みんなおいしそうにチュルチュル食べてんのに、僕だけおしんこなんかつまんでるんです。
しかも、そういう時に限って、みんな黙々とそばをすすってるんですよね。


名古屋に出張に行った時、食べたかったきしめんを食べられなかったんで、お土産に買って帰ったんです。
家に帰って箱をヨメに渡したら、「コレ、だいすけは食べられないよ」って言うんです。

せっかく買ってきたのに、何を訳のわからんことを言うとんや?と思ったら、つなぎにそば粉を使ってたんですね。
そば粉使ってるなら、そば混入!食べたら死ぬで!とか。表に大きく書いてほしいです。




成田空港の讃岐うどん屋さんで、「日本最後の食事」として、ヨメと二人でおいしくうどんを食べていたら、なんかおかしいんですよ。
変だな、おかしいなー、と思っていたら、唇が腫れてきて喉がかゆくなってきてきました。
おつゆの底の方を調べてみたら、そばの切れっ端が入ってたんです。

こっちは「讃岐うどん屋」だから安心して入ってるのに…
(この時はヨメがえらい剣幕で店長に詰め寄って、僕の方が怖かった)


最悪だったのは、会社の飲み会が蕎麦屋系の居酒屋で開かれたとき。

惨めでしたねー。

お店の方が気を使ってくれて、そば粉を使っていないものを出してくれたのが救いでしたが、明らかに料理のレベルが劣ってるんですよね。
そりゃ蕎麦屋なんだから、当たり前ですわな。

しかも、会社じゃ一番小僧なんで、「わがままだなー」とか言われても文句言えないし。
ちゃんと会社の人にはそばアレルギーって言ってあるのに、幹事さんも自分が行きたい店となると、アレルギー小僧がいることなんてすっかり忘れちゃうんですよね。


そばアレルギーって、アナフィラキーショックのひどい、命に関わるアレルギーとして知る人ぞ知る恐ろしいアレルギーなんですけど、日本にはそばアレルギー体質の人が少ないんで(人口のわずか0.03%)、認知度は他のアレルギーに比べて低いみたいです。
99.97%の人は、そばアレルギーなんか関係ないんだもんね。
そりゃ幹事だって忘れるわな。


僕のアレルギーは、小学生の頃、給食のそばで発症したのが最初。
たぶん、それまではそばだっておいしく食べてたと思うんだけど、なぜか出ちゃったんです。

でも、僕は無類の麺好きなので、本当はそばを食べたくて食べたくて仕方ないんですよね。

ウチの母ちゃんなんかも「そろそろ大丈夫じゃない?いっぺん食べてみたら?」とか言うんで、中学とか高校の頃は、年に1度くらいチャレンジしたんですが、見事に惨敗し続けました。

最後は高校2年の夏。

ざるそばを食べてじんましんが出て、急いで駆け込んだ病院で問診を受けながら気を失ってしまいました。
今思えば、あれがアナフィラキーショックだったんですね。

間接的に母親に殺されるところでした > 母ちゃん、冗談です。


気を失ったことってあります?

今でも覚えてますよ、あの瞬間。
目の前が急激に点滅し始めて、そして黄色く、やがて暗くなって…
この間、たぶん3~4秒くらいです。

気付いたらベッドの上に寝ていて、だけど、ベッドから思いっきり足がはみ出てるんですよ。
アルバイト先から病院に行ったんですが、一番近所の病院が小児科で、小さいベッドしかなかったんですね。
これもなんか惨めでした。

このとき、自転車を病院の前に停めてたんですが、迎えに来てくれた父親から「鍵もかけとらん!千円や2千円で買えるもんじゃないのに!」と、えらい剣幕で怒られました。

父ちゃん、俺、死にそうだったんだってば。


この時、僕はそばアレルギーには完全に屈しました。



大人になってからも、そばアレルギーには身も心も痛めつけられています。


アレルギー体質は嫌だ。



でも、10分後に死ぬとわかったら、ざるそばを食べるかも。
できれば、信州のとびきりおいしいヤツがいい。




赤ヘル軍団、ダルビッシュ粉砕!

2008年06月04日 20:39

というほどでもなかったけど(笑)、でも、とにかくダルビッシュから3点取って勝ちました!

ダルビッシュには、プロ入り初登板で初勝利を献上してしまっていたので、久しぶりの対戦となる今日は絶対に勝ちたかったんです。
昨日も、グリンにあわやノーヒットノーランというところまで抑えられたしね。

今日は、われらがエース・ルイス様が奪三振ショーを展開するナイスピッチング!
さすがの日ハム打線も、7回以外はほぼ沈黙で、特に稲葉を完璧に抑えたのが大きかったです。

しかし、ダルビッシュもすごかった。
3点先制されても崩れずに、返って立ち直ってその後はピシャリ。
しかも、9回、栗原の痛烈なライナーを腰に直撃食らったのに、平然と続投し、後続も完璧に討ち取りました。

う~ん、ダルビッシュ、男前だ。

さすが日本のエースです。



でも、勝ったのはわれらが広島東洋カープです!


赤松ナイス~!!

新球場になっても、カープうどんでしょ。

2008年06月03日 12:57

カープの試合でカープうどんがないなんて考えられないでしょう。


わがまち食自慢:広島市民球場 カープうどん

+---以下、引用文---+

 ◇素朴な庶民の味50年 今も多い根強いファン「なくすわけにはいかない」


 セ・パ交流戦が始まり、熱気を帯びてきたプロ野球。新球場建設のため、プロ野球公式戦が今季で最後になる広島市民球場(広島市中区)には、長年親しまれてきた味がある。「カープうどん」。球場の5売店で販売し、“最盛期”には一試合で1万食が売れたという名物だ。発売当初からかかわる、JR広島駅(同市南区)横の愛友市場にある平田商店を訪ねた。【寺岡俊】

 カープうどんは、57(昭和32)年に市民球場完成と同時に“生まれた”。同商店など同市の製麺業8社が協力して「鯉城食品」を設立。だしは協力し合って作った。めんは、それぞれが出し合っていたため、丸いものや角があるものなど、出されるうどんによって違っていたという。今も4社がだしやめんを作るが「味は同じ」=平田商店の幾久武司店主=とか。

 発売当初は1杯30円で、「てんぷらうどん」のみ販売されていた。多い時で一試合、500食ほど売れていたという。それが、70年ごろに「肉」と「きつね」の3点に増えた。素朴な味わいが庶民的な球場の雰囲気にも合い、一試合で8000食ほど出る人気商品になった。「とにかく忙しかった。うどんを買いに来た観客の列が絶えなかった」と幾久さんは振り返った。

 カープの試合以上に気にかけるのが天気だ。以前の天気予報は今のように正確ではなく、はずれることもしばしばだった。「試合開始約5時間前からだしを仕込み、さぁ売ろうと、意気込んでいたときに雨が降ってきて、試合は中止に。せっかくの準備が台無しになったこともあった」

 コンビニの隆盛で、気軽に食べ物を持ち込めるようになり、現在は一試合4000食程度に落ち着いた。一杯450円。それでも根強いファンは多い。市場で、試合を見に行く人から「今日もカープうどん食べてくるから」と声をかけられることも。その声が「また作ろう」という気にさせてくれる。

 同市南区に予定されている新球場で販売するかどうかはまだ決まっていない。幾久さんは「要請があれば作る。支持してくださるお客さんがいらっしゃる以上、なくすわけにはいかない」と力強く話した。
 ◇これからもこの味を守る--平田商店店主・幾久武司さん(63)

 71年ごろからカープうどんの調理、販売にかかわってきました。基本的にそのころから今まで味は変わっていません。

 カープうどんのだしは濃い目に作ってあります。塩分を多くし、夏の暑い時期でも、食感を味わえるようにしています。

 お客さんの「おいしかったよ」という言葉が一番の励み。地元カープファンだけでなく、県外から来た、他球団のファンも「市民球場に来たときは必ず食べる」という人もいます。そういう声を聞くと本当にうれしい。これからも、この味を守り、お客さんにおいしいうどんを提供していきます。

カープうどん


+---引用終わり---+


子どもの頃、広島市民球場に行くと必ず食べました。
広島の人にとっては、これはもう、お袋の味みたいなもんですね。

うまいんよ。ほんまに。
これ食べんと、野球が始まらんけえね。
神宮とかハマスタにも、食べもんあるけど、やっぱカープうどんのもんよね。


あ~、カープうどん食べたいっ!







最近の記事