FC2ブログ

ゴン太まで偽装とは…

2007年10月31日 12:53

赤福だの御福だの地鶏だの、偽装問題は止まることを知りませんね。

ほねっこもろてぇ~♪というラブラドールレトリバーのゴン太くんが出演するTVCMでおなじみのサンライズが、原材料を偽って犬向けのおやつを販売していたそうです。

↓↓↓

ペットフードも偽装…使ってないのに「ササミ」「ビーフ」

+---以下、引用文---+

10月31日9時19分配信 読売新聞

 ドッグフード製造・販売会社「サンライズ」(大阪市中央区)が、看板商品の原材料名について、実際には使っていないのに「ササミ」「ビーフ」と表示するなどして販売していたことがわかった。

 ペットフードを巡っては直接規制する法令がなく、農林水産省と環境省が法規制を視野に検討を進めている。今回の問題は、今後の検討に影響を与えそうだ。

 問題の商品は、「ほねっこ」「ゴン太のふっくらソフト」。1か月あたりの出荷量はそれぞれ約80トンと約770トン。読売新聞が24日、不正表示について文書で質問したところ、サンライズは30日に事実関係を認めた。「ほねっこ」の一部は今年2月から10月にかけ、ササミを使っていないのに原材料名に表示し、混入した白身魚は表記していなかった。「ふっくらソフト」は昨年10月から今年7月にかけ、牛肉を使用していないのに「ビーフ」と表示していた。

+---引用、終わり---+


こういう偽装だかミスだかは、もう我々消費者はどうしようもないですね。
どうやったって、わかんないもんね。
ジャーキーを買うときも、「国産」という表示を選んで買うんですが、本当に国産なのか、非常に心配です。

また、ミスなのか偽装なのか、もちろん我々にはわかりませんが、世の中の至るところにいわゆる「偽装」が存在しているということなんでしょうね。
企業側の「金儲けのためなら何でもやる」的行動もあるでしょうし、ひょっとしたら日本人の建前きれい事好き志向も影響しているかもしれません。


何はともあれ、ゴン太がかわいそうだ。



スポンサーサイト



会社をサボった日には

2007年10月29日 12:55

先週、ヨメが少々寝込みまして、会社をサボって、主夫見習いをしました。

料理を作るのは何てことないんですが、メニューを考えるのが面倒くさいですね。
自分が食べるだけならキムチスパゲティで決まりなんですが、ヨメにも食べさせると思うと、自分の好みではかわいそうなんですよね。

そこで、葉山鍋風のお味噌汁を作り、これをメインとし、ごはんと適当なおかず…というメニューで2日間乗り切りました。
ご近所さんから「イナダ」をいただいてたので、それを3枚におろして、真ん中のやつでだしをとったら、めちゃうまい!
ご近所のKさん、ありがとう!

ところで、会社をサボると朝からビールが飲めるので、すごく楽しいですね。
あ、今回は、ビールじゃなくて発泡酒だか第三のビールだかのキリンの新製品「スパークリングホップ」を仕入れてきました。
ビールと思うと、えらく不味いですが、さっぱりしているので炭酸飲料として飲む分には結構うまいです。

あと、テレビもいろいろ見ました。
テレビドラマ(再放送)なんか久しぶりに見ましたね。
えーと何だっけな、「有閑倶楽部」とか「美女か野獣」とか。
赤西の眉毛がおかしいとか、松島奈々子はツンとした役の方が似合うな…とか、勝手な感想を述べながら見てました。

そんなこんなしてたら、あっという間に一日が終わってしまいました。
主夫って忙しいですね。
でも、たまには悪くないです。



下は、さんぼんとお散歩した森戸海岸の風景。
本当はすごくきれいな夕景色だったんですけど、ケータイじゃあ無理ですね。

森戸

愛犬と野球観戦 日ハムファンらパブリックビューイング開設

2007年10月27日 09:13

愛犬とシリーズ観戦を 日ハムファンらパブリックビューイング開設(10/25 14:42)

+---以下、引用文---+

 愛犬家の日本ハムファンでつくる「ファイターズWANクラブ」(札幌、城石武志会長)が、プロ野球の日本シリーズ第三-七戦(三十、三十一、十一月一、三、四日)で、犬の同伴可能なパブリックビューイング(PV)を札幌市白石区に開設する。ペット同伴で観戦できる公共の場はほとんどなく、愛犬家のファンには朗報となりそうだ。

 会場は、城石会長が経営する白石区本通三の室内ドッグランの店「わんっピース」で、各日午後六時半から開場。ドッグランを含む約百平方メートルのスペースに、100インチの大型画面といすを用意し、民放地上波で日本シリーズ中継を放映する。

 一般的なPVは「盲導犬以外は無理」(アリオ)、「対応できない」(B・Bスタジアム)など、犬の同伴を禁止する所がほとんど。サッポロファクトリーは「ペットバッグに入れ、顔を出さなければOK」というが、事実上観戦は難しい。札幌ドームももちろん、同伴禁止だ。

 熱烈な日本ハムファンでチワワ二匹を飼う白石区の会社経営佐藤健司さん(41)と由香里さん(40)夫妻は今季も何度か、愛犬を留守番させ、札幌ドームへ行ったが、後ろ髪を引かれるようだった。家に帰り、二匹がちぎれるほどしっぽを振り、駆け寄ってくるたびに「寂しい思いをさせちゃったな」と申し訳ない気持ちになるという。

 佐藤さんは「同じ思いを抱える愛犬家は多いと思う。こういうPVがあると本当にうれしい」と期待する。

 会場使用料として飼い主一人三百円が必要。城石会長は「大型犬もOK。愛犬とともに楽しい時間を過ごして」と話している。問い合わせは同店(電)861・1266へ。(青山秀行)

+---引用、終わり---+

僕は、土日には野球観戦には行きません。
せっかく、さんぼんたと一緒にいられる休日なのに、留守番させるのが嫌だからです。
こういう犬と一緒に行けるパブリックビューイングがあると、最高ですね。
さんぼんたとハマスタ行けたら、最高だなあ。


関係ありませんが、一昨年、広島市民球場では野球ファンのわんこを集めてグラウンドを行進するイベントが行われました。
↓すごく重い動画です。
広島東洋カープベースボールドッグ・ミッキー


実は、僕のかわいい姪っ子とその愛犬(ニューファン)も出てるんです。
終わりの方にバッチリ映っています。

空白の一日と、濃密な28年

2007年10月19日 19:52

最近始まった「酒は黄桜」のTVコマーシャル。
これ、野球ファンにはたまんないです。


+---以下、黄桜のHPより引用---+

あの「空白の一日」から28年。2人が、初めて言葉を交わした!!

空白の一日


黄桜株式会社(本社:京都府京都市伏見区、代表取締役社長:松本真治)は、この度、野球評論家・小林繁さんと野球解説者・江川卓さんを起用したCMを10月11日(木)より放映いたします。
1978年11月21日、プロ野球ドラフト会議前日の「空白の一日」に読売ジャイアンツ(巨人)と江川さんが入団契約をしたものの無効となったことに端を発し、翌22日に行われたドラフト会議で阪神タイガース(阪神)が江川さんを1位指名。
紆余曲折を経て、日本プロ野球実行委員会の裁定により79年2月に巨人からトレードで阪神へ小林繁さんが移籍し、同年4月に江川さんが巨人に入団しました。
この数奇な運命の当事者が28年ぶりに初めて対面、言葉を交わす模様を撮影したドキュメンタリー企画です。
普段の生活の中でお酒を酌み交わすシーンが少なくなり、明るい話題も少ない時代。
日本酒を飲みながら語り合い、大人同士のふれあいをより深めていただきたいという願いを「時を結ぶ 人を結ぶ」というメッセージに込めています。
江川さんと小林さんを起用するキャスティングは、弊社の松本社長と長年信頼している広告会社・博報堂のクリエイティブディレクターとの間に交わされた、酒を酌み交わしながらの話し合いから生まれました。
"人を結ぶ、時を結ぶ"というメッセージにふさわしい、象徴的な存在としてお二人に出演を依頼したものです。本番まで二人が顔を合わせることも打ち合わせることも一切なし。
どのような言葉が交わされるのかも予想できない、まさに真剣一発勝負の撮影でした。
28年という歳月を経て、マウンド上では対決しながらも会話を交わすことのなかった二人の名投手。
演技をするのでもなく、セリフを言うのでもなく、酒を酌み交わしつつ、ずっと胸のうちに秘めていた思いを語りあっていただきました。

+---引用終わり---+

空白の一日事件って、プロ野球ファンからしたら、本当にアタマにくる事件です。
ふざけんな!巨塵!!、ふざけんな!江川!!って感じです。
だけど、すごくすごく生意気で突っ張っていた江川も、あの件はやっぱり堪えていたんですよね。
特に小林に余計な負担をかけてしまったことが、彼にずーっと重くのしかかっていたんでしょう。

緊張した表情の江川と、リラックスしたような小林。
小林が、すごくすごくあったかいんだ。
泣けてきますよ。


「しんどかったよなあ、オレもしんどかったけどな。二人ともしんどかった」


マジでカッコいいです、小林。
カープの監督になってください。


まだ見てない方、ぜひ見てください。
ある意味悲運ともいえる、巨人・阪神の両エースが秘めてきた28年の想い。

http://jp.youtube.com/watch?v=xRN080ew1Ms



京王プラザホテルが補助犬用トイレ設置

2007年10月18日 17:17

東京・新宿の京王プラザホテルが盲導犬などの補助犬専用のトイレを設置したそうです。
ホテル業界初とのことで、京王プラザホテルに拍手!!

レストランなどの一時利用ならともかく、宿泊ともなると犬のトイレ問題は重大です。
対応してくれた京プラさんに感謝します。




贅沢を言えば、補助犬に限らず、誰でも犬連れて泊まれるようにしてほしいです。

これぞ、子どもの夢!

2007年10月16日 12:41

子どもの頃、みんな好きだったプッチンプリン。
僕も大好きなおやつです。

プッチンプリンは、1972年生まれと僕と同い年でもあり、まさにともに歩んできた35年なのです、とは大げさすぎるか…

だけど、僕は、プリント言えばプッチンプリン。
マーロウだろうがなんだろうが、どんな名店のプリンよりも、僕はプッチンプリンが好きなのです。

子どもの頃、プッチンプリンが食べ放題だったら…とよく考えたものです。
その子どもの夢をかなえてくれるのが、これ、

ハッピープッチンプリン!

ハッピープッチンプリン



どどーんとハッピーな400g♪
食べても食べても、まだまだあります。


(ヨメは、全部食べ切れなかった)

これだけプリンを食べられたら、本当に幸せです。

ちゃた毛の冒険

2007年10月09日 12:47

先日、横須賀線での帰り道。

スーツに「ちゃた毛」が付いていました。
何気なく、その白いちゃた毛を取って落としたんです。

すると、エアコンの気流に乗ってか、ふわり♪ふわり♪とちゃた毛が飛んでいくではありませんか。
すごく恥ずかしかったんですが、けっこう調子よく飛んでいくのがおもしろくって眺めていました。

僕のズボンのポケットの辺りから、隣のおじさんのおなか前を通って、おばさんの頭を横切り…ちゃた毛もなんだか楽しそうです。

数秒後、2mくらい離れたところで寝ているおじさんの鼻にスポッ!

おじさんが、ガバっ!!と飛び起きて、「なんじゃこりゃぁっ!?」ということにはならなくて、何事も起こっていないかのように、おじさんはすやすやと眠り続けました。

あのちゃた毛は、おじさんの鼻に入った後、どうなったんだろう?


↓ちゃたは、いつもこんなポーズです。
ちゃた毛








しかし、あの時は吹き出しそうになるのを堪えるのが大変でした。
おじさんの前に立っていたスーツ姿の女性が、小刻みに肩を震わせてたんだもん。

あれっ、さんた?

2007年10月03日 07:33

朝の出勤途中、会社の最寄り駅で見かけました。

あれっ、さんた?て感じです。


あれっ、さんた?


東京メトロの広告で、ヒツジらしいんですが、グレートピレニーズにそっくりだと思いませんか?

わが家で「アレ?アレレ?こまったな」という顔をするのは、大抵ぼんですけど。




最近の記事