FC2ブログ

住所パワー

2007年06月28日 13:02

http://www.ichiten.com/

住所パワーというサイト。

住所を入力すれば、「独自の指数」によって「住所パワー」(点数)をつけてくれます。
指数の規準などは明記されていないけれど、半径1.5km以内に存在する施設の数などが表示されるので、それらがたくさんあると点数が高いんでしょうね。
施設には「飲食店」「美容院」「銀行」「駅」「ラブホテル」など15種類。
まあ、言ってみれば、「都会度」ですかね。

僕がこれまで住んでいたところ…


1.幼少期
広島市中区*****
2,553pt
判定:Bクラス

ここは広島の中心地。都会でした。


2.小中高校時代
広島市佐伯区*****
1,119pt
判定:Cクラス

引っ越してきたとき、幼心にも「とんでもない田舎に来たなあ」と思いました。


3.大学時代
東京都板橋区*****
2,770pt
判定:Bクラス

学生の分際で、良いところに住んでたんですね。


4.独身サラリーマン時代
東京都練馬区*****
3,097pt
判定:Aクラス

20代前半、昇ってますねー。


5.新婚時代
埼玉県富士見市*****
1,782pt
判定:Cクラス

結婚したら、一気に落ちました(笑)


6.現在
神奈川県三浦郡葉山町*****
895pt
判定:ド田舎クラス

落ちるとこまで落ちましょう。



ま、だからどうってことはないんですが、葉山の「ド田舎クラス」という判定がちょっとうれしかったりするdaisukeです。

スポンサーサイト



白戸家の人々

2007年06月27日 13:01

最近、はじまったソフトバンクのCM「白戸家の人々」が、なんだかミョ~におもしろい。

http://mb.softbank.jp/mb/campaign/3G/cm/index.html


だって、上戸彩のお父さん、柴犬なんですよ。

最初見たとき、噴出してしまいました。




お父さん

マンタの赤ちゃん

2007年06月22日 12:51

残念だなあ。

沖縄のマンタの赤ちゃん、5日足らずで死亡

+---以下、引用文---+

東京 21日 ロイター] 沖縄美ら海水族館は21日、世界最大のエイの仲間「オニイトマキエイ」(マンタ)の雌の赤ちゃんが、生後5日足らずで死亡したと発表した。飼育されているマンタの出産は世界で初めてだった。
 赤ちゃんは全長1.9メートル。同水族館は公式ウェブサイトで、水槽における父親のマンタとの接触による傷などが死亡の原因と思われるが、詳細については現在調査中だとしている。
赤ちゃんマンタ

+----引用、終わり--+

沖縄美ら海水族館の「ご報告」

ダイバーにとって、憧れのマンタ。
モルディブやパラオで見たとき、ゆったりと優雅に泳ぐ姿に本当に感動しました。

マンタって、頭がいいのか、マンタ同士でいろんな遊びをするんですよね。
パラオで遊ぶマンタを見たときは、本当にびっくりしました。

マンタには、どんな水槽も狭すぎるのかな?
赤ちゃんマンタ、安らかに眠れ。

ほとんど週刊さんた便り 「葉山わんこ特集その1」

2007年06月19日 12:58

またまた「ほとんど週刊 さんた便り」のバックナンバー。


+---葉山わんこ特集その1 2003,2,6---+

さんたの住む葉山は、とにかくわんこが多い。一説によると、家庭でのペット保有率全国一!らしいです。
で、実際にどれくらいたくさんのわんこがいるかというと、昼間、ユニオン(近所のスーパー)にお使いに行と、大体2~6頭ほどのわんこに会えるほど。ちなみに、わが家とユニオンまでの距離は、ざっと200m足らずなのです。
 つまり、100mあたり1~3頭のわんこに会えるという、まさにわんこ好きにはたまらない町なのです。これが海岸や神社に行くともっとすごくって、夕方のお散歩タイムなんて、たくさんのわんこが走ったりフリスビーやったりくんずほぐれつ遊んでたりして、これはもう、よだれが止まりません。

今後、気の向いた時にさんただけじゃなくて、葉山で見られるわんこについても、ご紹介したいと思います。
今日は一発目として、葉山…というか近所の森戸で見られる犬種のご紹介です。

森戸では、高い確率で会えるわんこたち
・Gレトリバー:いつも笑顔♪
・Lレトリバー:しっぽがブンブン!
・柴犬:やっぱり、日本人にはこの犬が一番な気がします
・ミニチュアダックス:種類が多いですよね
・シェットランド・シープドッグ:半立ちの耳がかわゆいんです
・ボーダーコリー:アジリティーではナンバーワン
・チワワ:キャッシングしてまで生き物を飼ってはいけません
・パピヨン:「パピヨン」という名前がぴったりだと思いませんか?
・シーズー:飼いやすさナンバーワン
・ミニチュアシュナウザー:ひげがかわいい
・アメリカンコッカー:わんわん物語ですね
・キャバリア:白と茶が美しい
・ヨークシャーテリア:なんといっても御三家
・ハスキー(Sハスキー&Aマラミュート):目が素敵なんですよ
・ウェルシュコーギー(ペンブローク含む):おっきなお耳と短いあんよ
・ウエストハイランドホワイト・テリア:あの走り方、たまんないですよね
・ジャックラッセルテリア:小さいけれど、運動量はすごいですよ
・ビーグル:ホント親しみの持てる顔なんですよね~
・MIX:あの個性とかわいさは、純血種じゃ勝てないです

森戸では、ややレアなわんこたち(外から遊びに来る犬もいるかも?)
・グレートピレニーズ:さんたで~す
・バーニーズマウンテンドッグ:目の上のタンがたまらないんです
・コリー:警察犬の指定も受けてるってご存知でした?
・バセットハウンド:ドルーピー?
・サモエド:真っ白ふわふわ
・トイプードル:テディベアカットで赤丸急上昇中
・サルーキ:アフガンの祖先だと聞きました
・ミニチュアピンシャー:ドーベルマンのミニサイズみたいですが、かわいいですよ
・イングリッシュスプリンガー:スパニエルでは最大種かな?
・フレンチブルドッグ:お耳がバットマンです
・ブルドッグ:あの短いしっぽを一生懸命振るんです
・ブルテリア:間抜けな顔がかわいい
・パグ:常に2頭以上で飼われている?!
・ベアデッドコリー:意外と大きいですね
・マルチーズ:これも御三家
・ビリー:葉山で初めて見て、思わず図鑑で調べました
・ケアーンテリア:エディ・マーフィの映画Dr.ドリトルに出てました
・G・シェパード:頑固一徹ドイツ人が生み出した完璧な犬
・ワイヤーヘアードフォックステリア:めっちゃかわいいけれど、飼育が難しい
・アイリッシュセター:飾り毛をなびかせて走る姿が美しい
・ダルメシアン:101匹わんちゃん
・紀州犬:日本犬って、癒し系の顔ですよね
・エアデールテリア:テリア界で最大
・ボクサー:しょっちゅうファイティングポーズをとってるような…
・フラットコーテッドレトリバー:Iセターに似てるけど、レトリバーです

どおです、なかなかすごいでしょう?
他にも、こんなわんこが葉山(森戸)にいるよ~!なんていう情報がありましたら、ぜひご一報くださいませ。

------------------------------------

改めて、葉山って純血種が多いんだな~って思います。
上記の中で、「ビリー」はもう見なくなりました。
というか、僕も2~3回しか見たことがなくて、ひょっとしたら町外の子だったのかもしれません。

他にも、

・甲斐
・秋田
・ウィートンテリア
・ダンディディンモントテリア
・ボストンテリア
・日本テリア
・ポメラニアン
・バセンジー
・ファラオハウンド
・スタンダードシュナウザー
・ニューファンドランド
・ケリーブルーテリア
・スコティッシュテリア
・ブリュッセルグリフォン
・スタンダードプードル
・ビションフリーゼ
・オーストラリアンシェパード
・狆

などなど、さらに純血種がたくさんいます。
葉山町だけで、犬図鑑が作れそうです。

カープなぼん

グレートピレニーズとは…

2007年06月14日 11:22

gooに「犬図鑑」というサイトがありました。
名前の通り、いわゆる「純血犬種」を紹介するサイトです。
早速、われらがピレを拝見。わが家のさんぼんたと比べてみました。

------------------------------------

★超大型犬:グレート・ピレニーズ

【体 高】 63~81cm
【体 重】 39~57kg

→ま、こんなもんでしょうな。

■ルーツ
祖先犬はチベタン・マスティフという説があり、その起源は非常に古いといわれている。誕生の経緯としては、紀元前100年頃フェニキア人に連れられて、中央アジアからヨーロッパへと渡る途中、各国の土着犬と交雑されて誕生したというものである。またセント・バーナードやニューファンドランドの祖先犬説もある。主に、ピレネー山脈スペイン寄りの地域で、家畜の護衛犬として活躍し、フランス王朝にも愛されたという。20世紀の初頭には絶滅の危機に瀕したが、今日では欧米諸国を中心に定着している。

→フランス宮廷の貴族が、競ってピレを買い求めたという話が残っていますね。


■外見的特徴
ふかふかで厚い被毛をもち、粗く長い上毛は体に沿うように平らに生え、やわらかな下毛が密生している。垂れた尾には、特に豊かな飾り毛がついている。毛色は白の単色や白にこげ茶の斑、白およびグレーかタンのかげ(頭、耳、尾のつけ根)のあるものもある。体高より体長がやや長めの体形をしており、筋肉に富んでいてたくましさがある。まっすぐな四肢は、がっちりとして骨太だ。顔はほかの部位に比べて毛足が短く、低い位置から垂れた三角型の耳、落ち着いた表情を演出する暗色の目が特徴である。

→ま、こんなもんでしょうな。


■性 格
護羊犬として働いていた頃には、敵と判断すると瞬時に襲いかかるという、とても戦闘的な性質だったという。その後は改良が加えられ、飼い主に忠実な利口で親しみやすい犬になった。とはいえ、今なお勇敢で、警戒を怠ることがない点では変わっていない。そのため、潜みもっている闘争心を表にださせることがないよう、早期から忍耐強い訓練を重ねる必要がある。体質的には、寒さに非常に強く、暑さに弱い犬である。

→「敵と判断すると瞬時に襲いかかる」
 この性格は、きちんと受け継いでいます。
 特にさんたの場合、「もう少し威嚇とかしてから襲い掛かってよ」って言いたくなっちゃいます。
 葉山のみなさん、シロクマを見かけたらすぐに逃げてください(笑)

→「飼い主に忠実で利口で親しみやすい犬になった」
 たしかに忠実で利口で親しみやすいですが、その反面、ずる賢い…というよりもむしろ腹黒く、自分がかわいがられるためには手段を選びません。

→「寒さに非常に強く、暑さに弱い犬」
 さんたは冬は運動量が落ちてなんとなく元気がなくなるけれど、暑くなってくると元気によく歩くようになります。
 自称「夏犬」・「海辺犬」です。



■飼 育
白く長い剛毛は、毎日のブラッシングが欠かせない。毛も厚いので、表面だけの手入れだけにならないように気をつける。ピンブラシ、コームなどを使って全体をとかし、しっかり死毛を取り除いてやる。特に下毛が毛玉になると、害虫たちの温床にもなるので注意する。また換毛期には、ていねいなブラッシングを心がけること。体の汚れが気になれば、固く絞ったタオルで拭きあげ、飾り毛などにクシを入れてほぐしてからブラッシングする。垂れた耳がムレやすいので、10日に1度くらいは耳の掃除を行うようにする。

→「ていねいなブラッシングを心がけること」
 心がけてはいるけれど、「筋肉痛を覚悟すること」も必要です。

→「10日に1度くらいは耳の掃除を行う」
 とんでもない!毎日やんないと、すぐに真っ黒になります。


■健康上の注意点
自由で運動好きの犬種なので、家庭犬であれば1日30分~1時間の引き運動を2、3回行う。またこの犬の場合太りやすいので、年齢や犬の状態に配慮して、その距離や内容を調節してやる。夜に強い方なので、時間的な面も配慮しながら運動させるといい。食事は若犬から成犬なら1日1、2回、適量を与える。内容としては、栄養バランスのよいドライタイプのドッグフードに、肉類や内臓類を煮たタンパク質、乾燥小魚やチーズなどのカルシウム、パンやご飯などの穀類、缶詰フードなどを加えた混合食でいい。人間食の与えグセに注意し、過食や偏食にも気を配りたい。体質的には、寒さには非常に強く、暑さに弱い面がある。股関節形成不全に注意する。

→「自由で運動好きの犬種」
 どうみてもそんな感じじゃないです。
 ドッグランに行っても、フェンス沿いを歩いて回る程度。
 2~3周したら、後はお昼寝モードに入ります。

→「夜に強い方」
 さんたは夜8時、ぼんは夜9時に営業終了します。
 特にさんたは、叩いたってどついたって起きません。
 夜は、からっきしダメです。

→「過食や偏食にも気を配りたい」
 さんたは少食で、大変苦労しました。


------------------------------------

こう見ていくと、さんぼんた(特にさんた)は、あまりピレらしくないのかしらんと思ってしまいますね。


↓これで、どっちがどっちかわかったら、アナタは「さんぼんた通」です。
そっくり親子

喜田キター! サヨナラ

2007年06月12日 04:55

久しぶりのカープネタ。

5連敗してたけど、ついに脱出!
阪神からトレードできた男・喜田剛が、早くもヒーローになりました。

喜田キター! サヨナラ by中国新聞

+---以下、引用文---+

 広島―オリックス最終戦(オリックス2勝1敗1分、18時、広島、11482人)

オリックス020040000―6
 広 島 400011001―7

▽勝 フェルナンデス10試合3勝2敗
▽敗 岸田21試合1勝1敗
▽本塁打 栗原12号(3)(カーター)嶋5号(1)(カーター)後藤3号(1)(大竹)


 ●…広島が連敗を5で止めた。九回二死一、三塁で喜田がプロ初のサヨナラ打を左前に運び、試合を決めた。九回途中から登板のフェルナンデスが3勝目。オリックスは五、六回の守りのミスから失点したのが痛かった。

 ▽球炎 野球人生 二つの縮図
喜田ゴー


 サヨナラの瞬間、2カ所で同時に突き上げられたこぶしが感慨深い。苦しい6年間のプロ生活を凝縮したような喜田のガッツポーズとともに、両手を突き上げてホームインした中東にも野球人生の縮図がある。本日のヒーローは喜田、ラッキーボーイが中東である。

 中東は1番打者として3度出塁し、3度とも本塁までかえってきた。3出塁はすべて先頭打者であり、いずれもカウント2―0に追い込まれてから。その粘りが常にチームの攻撃の起点となり、攻めの流れを起こした。出塁パターンは偶然でも、本塁生還は必然だろう。

 プロ初仕事の舞台が広島市民球場だったことが自信になる。入社したJR西日本野球部が廃部となった2年前。人生に迷う中で広島市民球場に通い、最下位に沈むカープの試合をスタンドで見続けてきた。そこで野球ができる意味、プレーする喜びをどれほど考えたことか。

 広島市民球場で見る側から見られる側となり、プロの水にも慣れた今、凡打でも全力疾走する姿勢はやめていない。そこにこだわる姿は、どこかで誰かがきっと見ていることを知っているからである。初めてファンに歓喜を与えられた夜。投げやりにならなかった決意が生きた。(木村 雅俊)

 ▽新5番 連敗止める

 乾いた音を残して、打球は左翼線に落ちた。喜田は三塁走者が生還するのを見届けると、何度も跳び上がって喜びを表現した。野球人生で初のサヨナラ打。「1カ月前にはこんなうれしいことがあるとは想像もつかなかった」と早口でまくし立てた。

 九回二死一、三塁。前の4打席は凡退していたが、自分が試合を決めるイメージしかなかった。「取り返してやると思った。チャンスでわくわくした」。2球目の外角直球。少し差し込まれたが振り抜いた分、打球は内野の頭を越えた。

 阪神から移籍して約3週間。過去5年でわずか8試合の出場が、今やコンスタントに先発で起用され、中軸を任されるまでになった。「ブラウン監督に頼りにされていると感じる」。その喜びが、打席での積極性と集中力の源になっている。

 まだ、ファンに名前を間違われることがある。2、3日の仙台遠征では「栗原」「山田」と呼ばれ、ショックだったと笑う。そんなファンにも強烈なインパクトを与える一打。「やっと覚えてもらえる」。もう「赤ヘルの喜田」を知らないファンはいない。(日野淳太朗)

+引用、終わり+

本当にうれしい勝利でした。
この一週間、どんな思いだったか…

勝利の瞬間、選手たちがプレッシャーから解放されるシーンを見て泣けてきました。
選手もファンも同じ思いで苦しかった一週間。
今度は連勝街道を驀進したいです。

喜田も良かったけど、中東、東出、栗原、新井、前田、嶋、石原、宮崎、マルテ、フェルナンデス…みんなヒーローです!
[ 続きを読む ]

ハンディがあってもがんばれ!

2007年06月11日 18:18

精神障害者のお店が開店/葉山 byカナロコ

+---以下、引用文---+

精神障害者が社会参加のために働く売店が、葉山町役場一階に開店した。ボランティアや作業所職員と一緒にレジ打ちなどに携わる。運営する特定非営利活動法人(NPO法人)青い麦の会(高原文子理事長)は、「障害を隠さず働ける場をつくりたい」と話す。

 同会は、同町一色で作業所トントンを運営。作業所では精神に障害のある二十五人が機(はた)織りや車部品の製造などを行う。雨宮由美所長(55)は「作業所は守られた空間。外に出ることはストレスがあるかもしれないが重要な一歩」と狙いを話す。

 売店は四日に開店。営業は月曜から金曜の午前九時半から午後四時までで、勤務は午前と午後の二交代。おにぎり、お茶といった定番の商品、作業所で作った名刺入れなどを扱っている。

 お昼休みになり町職員が訪れた店内。作業所職員からレジの打ち方を教えられた通所者の男性(32)は、レジからおつりを取り出し客に手渡した。この日が初めての勤務という男性は「緊張して汗をかいた」と感想を語った。

 問い合わせは、青い麦の会電話046(875)7458。

+---引用、終わり---+

働きながら「緊張」がやがて「やりがい」に変わっていくといいな。
ハンディキャップのある方々にとっては、何かと生き辛い日本ですが、葉山ではそんな方々が普通に暮らせていけると良いなあと思います。
これは小さな一歩かもしれませんが、大きな目標に向かってがんばってほしいです。


障害者という言葉そのものは、あまり好きではないけれど、記事の趣旨自体は良いと思うので、引用しました。


ほとんど週刊 さんた便り ~創刊号!~

2007年06月08日 12:37

さんたが来た当初、保護団体の方々やピレ関係の多くの方々が心配してくださって、気にかけてくださっていました。
この「ほとんど週刊 さんた便り」というのは、みなさんにさんたの状況をご報告しなくてはと思い、日記サイトで書いていたものです。

この頃は、今よりもっと真剣にさんたを観察していました。
初心に返る意味でも、時々「バックナンバー」としてここに掲載していこうと思います。


+--- 創刊号! 2003,2,4 ---+

こんにちは。
掲示板から日記スタイルに変更しました。
もちろん、これからもさんたの生活ぶりをみなさんにご報告していきます。

★☆先週の健康状態☆★
食欲:バッチリ
元気:まずまず
体重:35kg
将軍様:ちょっと腑抜け


夜ご飯では、ドライにミルクを一振りかけているおかげで、食欲はバッチリです。
ただ、ドライを「ナチュラルチョイス+ユーカヌバ(パピー)」から「吉岡」へ移行中のせいか、将軍様が少し腑抜けです。
これには後日談がありますので、今日のヨメの日記や掲示板にでもご報告があるかもしれません。


さて、日曜日、体重計に載せたところ、さんたは35キロになっていました。
一ヶ月で3キロほど太ったことになります。
これはきっと、かなりのハイペースだと思うので、これからは充分注意も必要です。
パピー用のフードを混ぜるのはやめて、アダルトだけでいこうと思います。
あと、お散歩の量(距離・時間)も増やしたいですね。
ちなみに今のは、30分程度を3回/日(起床時:5時、ヨメの出勤前:8時、どっちかの帰宅時19時半)やっています。
一回あたりの時間・距離を少し増やしたいですね。

要は、僕がさんたとの時間をどれだけ多く取れるか?だよなあ。
しかも、ティムとの時間をこれ以上減らさないように…
むずかしいけれど、がんばります!
創刊号


+--- 終わり ---+

この頃は、さんたがわが家に来て、まだ一ヶ月ほどです。
体重と将軍様の状況が、気になって気になって仕方がない時期でした。
たしかこの頃は、あまりにガリガリだったので、大先輩のアドバイスもあり、カロリーの高いパピー用のフードを混ぜてたんです。
毎日毎日、あれやこれや勉強してたなあ。
初めての犬で、しかもピレで、さらに栄養失調でガリガリだったので不安だらけでしたが、マジで命かけてましたよ。
最後の一文など、われながらがんばってますね(笑)

日本動物高度医療センター

2007年06月05日 12:46

獣医療の高まるニーズに「日本動物高度医療センター」
(07/06/01


+---以下、引用文---+

株式会社日本動物高度医療センターは、高まる獣医学・獣医療へのニーズに応える「日本動物高度医療センター」を新たにオープンする。

今回、新たにオープンする「日本動物高度医療センター」は、人と動物の関係が親密になるに従い、高まる獣医学教育の充実や高度な動物医療に対するニーズに応えるべく、高度医療・人材教育・臨床研究の3事業を中心に展開。

地域と社会の両方に貢献する動物医療機関として、各大学や獣医療関連組織と連携をとりながら活動を進める動物のための医療センターである。

日本動物高度医療センター内には、手術室や眼科診察室、理学療法、行動学兼救急処置室、夜間診察室、放射線治療室、MRI室などさまざまな診療設備及び手術設備を設置。

動物高度医療を取り入れることにより、一般的n動物病院では導入が難しいさまざまな医療機器を用い、一般動物病院と日本動物高度医療センターがお互いの機能性を生かしながら治療に当たる。

そして、飼い主にとってより高い動物医療も視野に入れながらそれぞれに適した治療を受けることができる場を整えると共に、動物病院を含む全体の医療の質向上を目指す。

また、獣医学教育の課題として挙げられる専門的な獣医師の養成などに対応するため、インターン制度及びレジデント制度を確立。

卒業したての獣医師から獣医師3~5年目の人まで、それぞれの段階に必要な獣医学の教育現場や専門的な臨床教育を学ぶことができる場を提供する。

その他、セミナーやシンポジウムの開催、インターネットを通してさまざまな獣医学に関する知識や臨床エビデンスを配信。

高度医療を提供するだけでなく、最先端の動物医療現場として、動物と人の共存関係の構築に役立てる動物医療の進化と発展を目指す動物医療機関としてチャレンジ・実践し続けていくことを掲げる医療機関である。

+---以下、引用文---+

これ、犬ニュース01(ゼロワン)からの引用です。
オープン情報ということで、記事内容は単なるコマーシャルで、具体的によくわからないので、実際にセンターのサイトを見てみました。

やっぱり、よくわからないんですが、要は高度な人材教育と高度な医療を受けられるところのようです。
大学病院のような感じで、飼い主が直接診療を申し込むことはできず、「二次診療」という主治医からの紹介だか申し込みだかで診療が受けられるそうです。

このセンターが良いところかどうかは知りませんが、こういう【ホームドクター+高度医療施設】という仕組みって広がると良いなあと思います。
町の獣医さんは、日々の診療でてんてこ舞いのため、なかなか新しい知識や技術を習得するための時間がないでしょうからね。
といって、ちょっとしたことで遠くの有名獣医さんのとこに毎回通うわけにも行きませんし。

普段は近所の獣医さんでいろいろお世話になり、高価な設備や特に高度な技術・知識を要するような場合は、こういうところでよりレベルの高い医療を受ける…こんな仕組みが津々浦々広まるといいですね。
ちなみに葉山の一部では、大体できていると思うけれど。


念のために言っておきますが、この「日本動物高度医療センター」が良いと言っているわけではありません。

浮き輪1



最近の記事