FC2ブログ

印象深い喪中ハガキ

2006年12月28日 13:34

年賀状のシーズンになると届くのが、喪中ハガキ。
その年に不幸があった人たちは、年始の挨拶を遠慮しますというものだ。そういう喪中ハガキが来ると、なんとなくシュンとした気分になります。

昨年のクリスマス前、会社から家に帰ると、ヨメが「喪中ハガキが届いてるよ」と言ってきました。

だ:誰から?
ヨ:○○って、お義父さんだよね?
だ:うん。
ヨ:父が亡くなり…って書いてあるよ。
だ:は?
ヨ:お義父さんの父っていうことは、おじいちゃん?
だ:え?なんで?俺のじーちゃん、死んだん?え?どーゆーこと?

ハガキを見ると、確かに父ちゃんの名前で「11月xx日に父・△△が他界し…」と書いてあります。
△△は、たしかにじーちゃんの名前。

じいちゃんとは、それほど回数は会ったことないけれど、母方の祖父がいない僕にとっては、大好きなじいちゃんなのです。
子どものころ、釣りに連れてってもらったのが、最高の思い出でした。

慌てて、父ちゃんに電話してみると、

だ:喪中ハガキが届いたよ。
父:おぉ、ほーね。
だ:じーちゃん、死んだん?
父:ほーなんよ、11月の24日にの。
だ:なんで、知らせんのん?
父:遠いけえの、長崎まで来させちゃ悪い…思うて。

参った。

でもね、喪中ハガキで実の祖父の死を知らされる身にもなってよ。
遠いって言ったって、南極とかイスカンダルに住んでんじゃないんだから。

いやいや、本当にうちの父ちゃんときたら…、うんとよく言えば、お茶目と言えるんだろうな。
ま、そう言っておこう。

電話をした一週間後に四十九日があるというので、それにはヨメと二人で行き、なんとかじいちゃんにお別れを言うことができました。
20年ぶりに訪れた長崎でしたが、ちょうど僕が腸炎にかかり高熱&下痢の真っ最中だったので、観光どころではありませんでした。
その後、一週間くらい寝込んじゃって、散々な年末でした。


近い親族の不幸を喪中ハガキで知らせるのはやめましょう。



こうしてみると、さんた&ぼんたも、結構違う顔してますね。さんぼん

スポンサーサイト



ハードボンな里帰り

2006年12月10日 12:46

どうです、この顔?
「シロクマ、フォーーッ!!」てな感じでしょ?

ハードボン



日曜日は、ぼんのお里帰りの日でした。

久しぶりに訪ねた鎌倉の家。
ぼんにとっては2年暮らした「わが家」です。

クルマから降り立った途端に、「おうちに帰ってきた!ひゃっほーっっ!!」といった感じで、踊るように庭へ走っていきました。
この日は、ぼんをかわいがってくれていた近所の方も遊びに来てくれていて、そこのお兄ちゃんが持ってきたハードゲイのコスプレ衣装なのです。

大爆笑した後は、久しぶりに散歩にも連れて行ってもらいました。
久しぶりに源氏山へ登ってきたそうで、帰ってきたぼんは、もうヘロヘロ。
でも、顔は笑顔のままでした。

わが家に来てから、まだ半年ちょっとですので、まだまだ鎌倉の家の方が、ぼんにとっては「自宅」のようです。
以前、そうしていたように、門の前に陣取って、番犬&観光客のアイドル犬をやっていました。
別のご近所の子がお母さんと来て、ぼんちゃんがいなくなってさみしがってたんですよ~、なんて。

やっぱり、ぼんはかわいがられてたんだなあ。。。

葉山へ連れて帰るのが、ちょっぴり切ない気がしました。





最近の記事