FC2ブログ

たまには月刊? さんぼん便り

2006年08月31日 13:02

最近、寝不足で朝の散歩に出遅れがち。
今日は、うんと遅れて5時20過ぎに出発しました。

まずはいつもどおり、庭へ出ておしっこしょ~。
やっぱり、庭があるって良いですね。

大量のおしっこを済ませたら、出発です。
いつもは浜へ行くんだけれど、今朝は雨上がりなので、浜へは行きませんでした。

でも、少し涼しかったせいか、さんたもぼんも文句言わず(いつもだったら、すっごくぶーたれる)、元気良く歩きました。
それに将軍さまの質・量ともにばっちりで、健康そのものって感じです。


わずか20分ほどの短いお散歩だったけれど、秋の気配が感じられて楽しいお散歩でした。
もっともっと一緒に歩きたかったね。

今日、出会ったわんこたち。

シーズーの大ちゃん(仮名)
黒ラブのチェリーちゃん(仮名)←吠えちゃってごめんね。
レトリバーのパピーちゃん(仮名)


↓これは昨日の朝の写真。
 お気に入りのマンションのエントランス付近で休憩する根性なし・ぼんと、元気いっぱいのさんた。

manshon



↓雪だるまではありません。

manshon0

スポンサーサイト



ATMのびっくりサービス

2006年08月28日 13:10

給料日になると、金融機関のATMに行く人が多いと思います。
もちろん、僕もその一人です。

がんばって働いて稼いだ給料を下ろすのって、なんかうれしくないですか?
サラリーマン生活も12年目ですが、僕はいまだにうれしいですね。
特にピン札で出てきたりしたら、「何買っちゃおっかな~?」なんてウキウキしてきます。

ところで、僕がよく利用する築地のとあるATMは、すごく個性的で、時々顧客をびっくりさせてくれます。

ある日、9万5千円(だったと思う)を下ろす操作をしました。
ATMが超高速回転しています。
ああ、お札をカウントしてるんだな…と、僕は思いました。
間もなくキャッシュカードと明細書に続いて、すごい量のお札が…

何が起こったのかまったく理解できず、唖然とする僕。
周りをキョロキョロと見ながら、恐る恐るお札を手にとって見ると、これがなんとぜ~んぶ、夏目さんじゃないですか!

どーすればいいの?この札束。
財布に入らない分厚さだし、これから振込みするのに、数えなきゃいけないの?67枚とか…
途方に暮れる僕。


近くにいた職員のおじさんに言ったら、にこやかに両替してくれたんですけど、こういうの本当にびっくりしますよ。


このATMでは、別の時にも50枚の千円札を受け取ったことがありますので、恐らくATM側のびっくりサービスなのでしょう。
おじさんも「当りましたね」みたいな顔してたし。

でも、悪いけどちっともうれしくないんだよ。
庶民は夏目さんなんか見飽きてんだよ。
給料日くらい福澤さんに会いたいっちゅーの。


でも、お金を下ろすのにドキドキするので、ついついそのATMに行ってしまいます。


satutaba


実際に出てくるのは、こんなピン札じゃないの。
「もう何百人の人の手を渡り歩いて疲れましたよ」みたいな夏目さんなんですよ。
自分が庶民だってことを再確認できます。

野球・野球・野球

2006年08月13日 06:09

この時期は、昼間は甲子園・夜はプロ野球と、野球ファンにはたまらない季節です。

で、当然のことながら休日は野球三昧になります。
昨日のスケジュールはこんな感じ。

第1試合  8:30 如水館vs帝京

第2試合 11:20 日本文理vs香川西

第3試合 13:20 鹿児島工vs高知商

第4試合 16:30 大阪桐蔭vs早稲田実

第5試合 19:00 広島カープvs読売巨人


第1試合は、故郷・広島の「夏将軍」如水館が、イメチェンした「関東の雄」帝京に挑みました。

いくら関東に長く住もうと、僕はお好み焼きと野球だけは広島!広島!広島!です。
広島の高校の試合の時は、会社を休んで応援するくらいです。
最近、思うんですが、広島から離れている時間が長くなればなるほど、広島が好きになっている自分がいます。

さて、試合の方ですが、7回までは素晴らしい展開でした。
初回、2回の雰囲気から、25安打・18点くらい取られそうな感じでしたが、3回から7回まで帝京打線をノーヒットに抑え、しかも、如水館バッテリーは、帝京の最大の武器である機動力を完全に封じ、このため帝京は、ランナーが出ても追加点を奪えず苦しい展開でした。

7回裏の如水館の同点劇なんか、本当に見事でした。
夏、最多優勝を誇る超名門・広商を髣髴させる広島野球を見せてくれました。
が、8回に如水館バッテリーの集中力が切れ、完全にノックアウト。
長打でボコボコにされ、最終的な10対2という悲惨なスコアとなってしまいました。

しかし、7回までは本当におもしろい試合でした。
如水館ナイン、ありがとう。

でも、来年は広商、甲子園に戻ってきてくれーっ!


第2・3試合は、ともに四国の香川西・高知商を応援しました。
僕の甲子園応援順位は、下のような感じです。

広島>中国>四国>近畿・九州>公立高校>より知名度の低い高校

別にきっちり決めたわけじゃないんですけど、なんかこういう感じで応援してしまうんです。
先日も、「神奈川県民になって、もう4年なんだから、横浜高校を応援しよう!」と思い、テレビに向かったのですが、な~んか心は大阪桐蔭を応援してるんですよねー。
やっぱり、三つ子の魂なんとやら…でしょうか。

試合は、香川西が辛うじて勝ち、高知商は逆転負けしてしまいました。


第4試合は、大阪桐蔭打線vs早実・斉藤投手に注目です。

特に大阪桐蔭の4番・中田は、2年生ながら今大会ナンバーワンスラッガーとも言われ、今大会屈指の右腕・斉藤との勝負が見ものでした。
が、力勝負を挑む中田に対して、斉藤は力と技の両方で攻め、完全に斉藤が勝ちました。
格と経験の差を見せつけた感じですが、たしかに146km/hのストレートを見せられた後、120km/hくらいのスライダーじゃ打てないよな。
個人的には、点差もあったし、斉藤にストレートで勝負してほしかったのですが、斉藤はあくまでも完全に抑えることにこだわったようです。
しかし、見応えのある勝負でした。

試合は、11対2と早実の圧勝でした。


さて、さんた&ぼんたのお散歩パトロールをはさんで、第5試合はプロ野球です。
カープは巨塵と闘いました。
甲子園では、東東京にやられている広島勢ですから、兄貴分のプロがお返しをしなくてはなりません。

若ゴイ大竹とエース上原の投げ合いで始まったのですが、途中に裏切り者・二岡(銭岡とも呼ばれます)がヘタクソなプレーで大竹の投げた球を顔に当ててしまいます。
おかげで大竹は危険球退場となってしまいました。
あれは、二岡の避けるのがヘタだったんだよな、どこまでも巨塵じゃないか。

しかし、高校野球の後でプロ野球を見ると、本当にそのグレードの高さがわかります。
球のスピード、守備範囲の広さ、打撃・守備の技術ともに、いくら超強豪チームでもプロとは数段の差があります。

たとえば、早実の斉藤は147km/hの速球を投げていましたが、カープの高橋建が投げる135km/hの方が速く見えるんですね。
たぶん、球の力が段違いなんだと思います。


試合は2対2の投手戦で進み、9回裏、巨塵の守備の乱れでチャンスを拡大したカープが、石原のタイムリーヒットでサヨナラ勝ち!
本日の野球三昧を締めくくるにふさわしい試合でした。

isihara


これだけ野球を見ると、本当におもしろいですね。
特に高校野球とプロ野球の違いを見るのはおもしろいです。
ヨメは、「よく飽きないね」とあきれていました。

誰が飽きるもんか、野球は世界最高のスポーツなんだっ!!


カープは巨塵に2連勝、今日も勝って3タテといこう!
その前に、甲子園の清峰と八重山商工を応援するぞ!

ワンセグ

2006年08月11日 15:00

最近、東海道線に乗ることが増えました。

どうしてかっていうと、僕の利用する新橋駅では横須賀線ホームが地下だからです。
って言っても、理解できないですよね。

最近、高校野球 夏の選手権大会が甲子園で始まりました。
甲子園では大抵一日に4試合やるので、18時くらいだとまだ試合をやっているんです。
すると、つまり、早く会社を出れば、まだ試合が見られるわけです。

ワンセグで。

で、地下だとワンセグが入らない、つまり、ワンセグで高校野球を見るためなんですよ。

さて、ワンセグで野球中継を見るのって、かなり良いですよ。

画質は、そこそこです。
映画だと厳しいかもしれませんが、野球中継であれば十分と言えるでしょう。
実はワンセグで楽しむポイントは、画質じゃなくて音なんです。

付属イヤホンで聴いてるんですが、意外とこれが良いんです。
アナウンサーの声よりも球場音の方がしっかりと聴こえます。
ひょっとしたら、実況アナウンスと球場音を別のチャネルで流してるのかもしれません。

これってテレビで普通に見るよりも、断然臨場感があるんですよ。
初めて使った時は、驚きました。
タイムリーヒットなど、試合が盛り上がるときの臨場感はすごいです。
球場にいるみたいな感じで、ファンとしてはたまんないです。


しかし、こんなすばらしいワンセグにも落とし穴があります。

それは、横浜駅以降はあまり映らなくなること。
横浜の手前くらいまでは調子良く受信できます。
アンテナのあるはずの横浜に近付けば近付くほど、なぜか受信状態が悪くなるんです。
そして、横浜を過ぎると、状態はどんどん悪くなります。
こちらは続きが気になるので、アンテナを伸ばしたり角度を変えたり、チャンネル設定を東京にしたり神奈川に変えたりしながら、「電波の良い状態のところでリトライしてください」、「放送は休止しています」などのエラーメッセージと闘わなくてはなりません。
しかし、最後は戸塚あたりで、完全に映らなくなります。

なので、できれば、電車に乗る前に試合展開を見ながら、横浜駅の手前でうまく試合終了となるよう時間を調整しなくてはなりません。
あ~っ、いいとこなのに~っ!!なんてなっちゃいますから。

この時間の読みは、プロ野球はわりと簡単なんですが、高校野球となると難しい。

どっちかが3点差くらいでリードしていても、9回ツーアウトから同点になったりもしますからね。
しかも、そういう場合は、大抵同点に追い付いたのに、最後に攻め切れず、ずるずると延長戦になったりね。
高校野球ファンとして最高の展開にすっごく喜んじゃうんだけど、ワンセグ@電車の身としては横浜駅が近付いてくるとすご~く困ります。

先日の八重山商工VS千葉経大付戦では、川崎を過ぎたあたりで八重山が同点に追い付いたんです。
この奇跡的な同点劇に、横浜で一回降りて川崎まで戻っちゃおうかな?なんて本気で考えました。
幸い、延長に入ってすぐに八重山が3点を取って突き放したので、そんな無茶をせずに済みましたけど。


いやいや、ワンセグは最高の試合だけでなく、「試合の読み」も楽しめるすばらしいおもちゃです。

kosien

三振?

2006年08月01日 13:52

さっき、かなり日焼けしたスポーツマンタイプのおじさんとすれ違いました。

おじさんは、とても姿勢良く堂々とした様子で、銀座の街を歩いていました。

おじさんは、胸にでかでかと「三振」と書かれたTシャツを着ていました。

僕は、おじさんが投手なのか、野手なのか、とても気になりました。


最近の記事