FC2ブログ

さんたの誕生日

2006年04月30日 06:36

今日は、さんたの誕生日。

うちに来た当時は誕生日がわからなかったので、引き取ることを決めた12月24日を誕生日にしていました。
2年くらい経ってから、ある筋から4月30日であることを教えられたのです。

昨日はもりの誕生日だったので、わが家は連日のお誕生日パーティーです。
ちなみにティムは8月8日生まれで、ちゃたが4月1日。
僕は8月25日、ヨメは5月29日。
日にちが正確でなくても、プレゼントはいつでも受け付けているので、安心してお持ちください。


さて、さんたは今日が誕生日なのを知っているのか、朝から元気元気!
生意気にもお散歩へ行こうと、犬のように僕を待っている。

家を出ると、庭でおしっこを済ませて浜へ一目散。
浜に出たら、今度はイイコイイコしてくれる人を探しまくる。
これがけっこう恥ずかしい。

何しろ誰かが近くを通るたびに、じい~っとその人を見つめながら、「ぼく、かわいいでしょ~っ」と近付いていくのだ。
相手が犬大好き人間ならそれでもいいんだけど、シャイな人とかだと相手からもじいっと見つめられて終わったりする。

一人二人じゃないんですよ。
僕としては、けっこう恥ずかしい。

でも、浜ではね、わりと人々も開放的な雰囲気になっているから、わりとマシなんです。
けっこうイイコイイコしてもらえて、さんたも満足できるんです。

困るのは、家の前。

さんたは浜よりも家の前の通りの方が人通りがあるのを知っていて、家の前でもそれをやるんですよ。

だ:さんた、家に入ろう
さ:…(あっ、あっちから人が来た!)びたんっ…
だ:いや、みんな忙しいんだって
さ:…(ぼく、かわいいでしょ)じぃ~っ…
だ:ほら、さんた、めーわくだってば

さ:…(また誰か来ないかな~♪)…
だ:♪じゃないって、家に入ろうよ
さ:…(もうちょっと、ほら、また来たよ)…
だ:クルマ来てるから危ないってば

てな調子で、誰かにイイコイイコされるまで粘るんです。
あいにく家の前の道路では、浜と違って人々はそれほど解放的ではなく日常モード。
遠巻きにさんたを見るものの、イイコイイコしてくれる人はあまりいません。

なので、僕もなんだかすごく恥ずかしいんです。
家の前で、物欲しそうな感じで誰かが通るのを待っているさんたと一緒にいるのは。

あれっ?本当は誕生日のさんたはいつにも増してかわいいという話を書くつもりだったのに、いつの間にかこんな話になってしまった…
おかしいなあ。

とにかく、今日のさんたは、犬っぽくてかわいかったんですよ。
ほら、こ~んな笑顔!
birthday

スポンサーサイト



もりにゃんの誕生日

2006年04月29日 06:36

今日は、もりにゃんの誕生日。

もう4歳だって。

ちゃたが3歳で大人になったことは、彼の行動から何となく感じるんだけど、もりが4歳というのは、何となく信じられない。
いつまでたっても、もりは「お子ちゃま」というイメージだ。

僕たちが葉山に越してきた年に、もりにゃんは久里浜からやってきた。
葉山で暮らせることがうれしくて、葉山にちなんだ名前にしようと思った。

森戸海岸の「もりと」。
われながら良いネーミングだと思う。

普段は縮めて「もり」。
けっこう呼びやすい。

時々変えて「まる」。
もっと呼びやすい。


まるにゃん♪
と呼んでも、うれしそうにもりはやってくる。

まんまるにゃん♪
と呼んでも、やっぱりうれしそうにやってくる。

そのまるさがかわいくて、愛嬌たっぷりのところが可愛くて、連れて帰ってきてしまったのである。

(ギザギザハートの子守唄の節で)
ちっちゃな頃からまんまるでー、ひとめでまるいと言われるよー♪

なんて、歌ってみたりする。

かわいくって仕方がない。


↓何だかわかるかな?
morinote

巨人のグローバー投手

2006年04月28日 13:13

巨人グローバーが原爆ドーム見学←クリック

『母国アメリカで起こった同時多発テロがきっかけで、命の重さについて考える機会が増えたという。「同じ過ちを繰り返さないようにしなくては」としんみりと話した。』

dome


無理だろうけれど、彼のコメントがアメリカでも報道されるといいな。
原爆がどうこじゃなくて、武力の傲慢さ、戦争の凄まじさ、そして犠牲者の苦しみは終戦では終わらないことを、世界のすべての人が知るべきです。

あの同時多発テロ以外、アメリカ本土が攻撃されたことはなかったようですね。
戦争の悲惨さや凄まじさを、国民として実感することは難しいのかもしれません。

巨人のグローバー投手、原爆ドームに来てくれてありがとう。
ヒロシマ市民として、とてもうれしく思います。
君が投げる時だけは巨人を応援します。

次は資料館も入ってみてね。
きっと人生観が変わるよ。







黒田、3安打完封やったね!
kuroda

ワンセグでカープを応援…

2006年04月25日 22:54

ワンセグで、念願のカープ戦を見た。

とはいえ、今日は飲み会だったので、見られたのはようやく9時前。
ちょうど、カープの打者が内野ゴロかなんかでアウトになった瞬間だった。しばらくの間わからなかったんだけど、どうやらそれでゲームセットらしかった。

見なきゃ良かった。
応援するためにワンセグにしたのであって、負けた瞬間を見るためにワンセグにしたんじゃないんだっ!

悔しさのあまり、あやうくケータイを新橋駅の階段に叩きつけるところだった。
弱小チームのファンとワンセグは相性が良くないことががよくわかった。

ところでカープのベースボール犬・ミッキーくんの本が発売されました!
すっごくかわいいんです、ミッキーくん。↓
http://www.carp.co.jp/shop06/new_fleam_mickey_book.htm

このページもかわいいです↓
http://channel.goo.ne.jp/pet/special/sp_03.html

ショック…

2006年04月24日 21:03

えっ?うっ、まさか、そんな…
思わず、うめいてしまった。


男なら誰だって「一国一城の主」を目指す時がある。

僕は将来の起業について、目指すものがあった。
これはイケる!というビジネスアイディアを抱いていた

それは「インスタントラーメン屋」。

全世界のカップ麺・袋麺を集めるわけ。
で、お店はお湯と電子レンジとトッピングを用意する。

「あの店はマズい」とか言われることはないし、お客さんも安くてゴミを片付ける手間もなく、おいしいインスタントラーメンが食べられるのです。
最高じゃないですか。

できれば、トッピング以外にもたくさんのこしょうとか唐辛子とかの調味料を集めて、インスタントラーメンをおいしく食べてもらいたい。
もちろん、キムチの素も必要だ。

時々、インスタントラーメン・アレンジコンテストとかもやったりして、うちの店でアレンジアイディアを仕入れて、家に帰って家族でインスタントラーメンを楽しんでもらいたい。

あぁ、すばらしいお店じゃないですか。

ご近所の某大企業の社長さんにそのアイディアを披露したら、「そんなもんダメに決まっとるやろ」と言われたんです。
つまり、普通の人はやろうと思わないおいしいビジネスで、絶対に勝てるアイディアなんです。
最初に始めれば、勝つんです。

ところが!
さっき、家に帰ってきてインターネットを見たら、こんなニュースが出てるじゃないか。

あぁ、オレのビジネスが…
一国一城の夢が…
オレなんか去年の春にやろうと決めてたのに…


こうなったら、ラーメンはあきらめて第2候補のビジネスモデルでいくしかない。
でも、これはヨメ以外は誰にも教えてやんない。
すっごいアイディアなんだから、ぐひひひひ。

BBQ

2006年04月23日 09:04

昨日は、葉山オンライン仲間と海岸でBBQ。
さんたは朝から張り切っていて、早く行きたくてウズウズしている様子。
そんなさんたに、ヨメが冷たい一言

ヨ:今日、暑そうだから、さんたは置いていこっか?
だ:へ?
さ:…(えぇ~っ!?そんなぁ)がっくり…

だ:でも、風もあるし、そんなに暑くもないかも
ヨ:うーん、じゃあ、連れて行ってあげよう。でも、暑くなったら帰るんだよ
さ:…(やったぁ!)がばっ!…(←身を乗り出して起きた音)

この日は朝から富士山がきれいでした。

fuji


海と富士を眺めながら飲むビールは旨い!
beer


野菜もめっちゃ美味い!

うん、野菜です。
このメンバーでBBQをやると、野菜中心というBBQには珍しいスタイルとなります。

お友達Sさんが畑をやっていて、そこで採れた野菜を持ってきてくれるんですが、これがね、いやもう絶品なんですよ、ほんと。
玉ねぎ、アスパラ、ほうれん草、春菊、ニラ、長ねぎ、浅葱。

名前だけ見ると、ごく普通の野菜たちですが、いやいやこれが食べたらすごいんです。
一口噛むと、じゅわ~っと甘みが口一杯に広がって、一切味付けは不要です。
こんな野菜、他所じゃ絶対食べられない。

僕は特にこの浅葱がお気に入りで、味噌で食べると最高なんだ、ほんとに。

asatuki


Sさんて農家じゃなくて、趣味の畑なんですよ。
日本の農家は何やっとるんだ一体?と言いたくなってしまいます。

とかなんとか言ってると、そばでさんたが見つめています。
うれしそうな顔しちゃって、みんなと一緒にいられるのがうれしくて仕方がないんです。

santa


だ:さんた、楽しいね~
さ:…(うん!)でへへ…
だ:さんた、おいしいよ!さんたも何か食べる?
さ:…(待ってました!)キラキラッ!…←目が輝く音

おやつをもらって、みんなにいいこいいこしてもらって大・大・大満足。
浜辺のBBQが大好きなさんたでした。

manzoku

珠屋さん

2006年04月20日 22:19

「葉山わんパト日誌」で書いた話の続き。

このお水を提供してくださっているのは、珠屋さんというボート屋(?)さん。
朝はお店が開いていないので無理だけど、夕方のパトロールの時には「ちょっとお礼に…」と、さんたは珠屋さんへも寄ろうとする。
僕としては、けっこう恥ずかしいのだけれど、しょっちゅう兄ちゃんやなんかがいて、かわいがってもらえたりする。
イイコイイコされると、座りこんで帰ろうとしない時もある。
僕としては、かなり恥ずかしいのだけれど、さんたは当然のような顔をしている。

一粒、いや一杯で二度おいしい(by さんた)。

とうとう買っちゃった!その2

2006年04月18日 23:47

ふふふ。

2


買ってしまった。

ケータイ電話。

もちろん、いま話題のワンセグ対応。

しかも、ケータイサイトだけでなくPC用のサイトも見られる。

ふふふふふ。


連敗ストップ!

2006年04月17日 22:20

カープ連敗ストップです。↓

http://www.chugoku-np.co.jp/Carp/Cs200604160146.html
ようやく黒田に勝ち星がついてうれしい。
しかし、まあ、やっぱりこの日も貧打振りがすごくて、取れた2点はタイムリーヒットでなくて、ともに犠牲フライだった。
それでもうれしくって、よっしゃーっ!!と叫んでしまったんだけど…
ま、勝ちゃあ何だっていーんです。
日経新聞だって、今日の朝刊野球のページには黒田が大きく出ていた。
全国紙にカープが写真で紹介されるなんて、滅多にないんだから。

もちろんヒーローは黒田だったわけですが、僕は9回表に代打でヒットを打って突破口を開いた福井にもMVPをあげたいですね。
よくやった、福井!!


もちろん、さんたも一緒に応援しました。
試合後、二人で足取り軽く浜へ直行しました。

負けた日のお散歩

2006年04月16日 12:13

昨日、カープが5連敗を喫してしまいました。
阪神を上回る12安打を放ちながらも3点しか取れなかったのですが、逆に言えば、集中力と打線のつながりさえできれば、十分勝てる試合でした。
つまり、勝てる力は十分あるということが証明された試合でした。

とはいえ、負けるとがっくりするもので、さすがの僕もうつむき加減でさんたと散歩に出かけました。
「明日は勝つぞ!勝とう!がんばろう!」と励ましあいながら、海岸を歩いていると、なんだか元気が出てきました。
お友達のハルちゃんや、らぶちゃんちのリーダー、顔見知りのおじさん&おばさん、ご近所さんたちに会ったりして、さんたもイイコイイコしてもらって足取りが軽くなってきました。

30分ほど歩いて家に戻ってきても、さんたはまだ家に入ろうとしません。
僕も元気が出てきたので、また歩き始めました。
道の角で、お姉さんの集団に「かわい~っ!」なんて言われながら、さんたはヤル気満々です。
ですが、やっぱり目指すは森戸海岸。

海岸に出ると、雲の間からきれいな陽の光が海面に射していました。
さんたと「きれいだね~」なんていいながらしばらく眺めていると、今度はらぶちゃんを連れたリーダーが向こうからやってきました。

さんたはらぶちゃんが大好きなので大喜び。
僕は「2周目でーす。あれっ、らぶちゃん、ちょっと痩せた?」。

その後もジャックラッセルのあとむに会って、ちょっと威張って見せたり、トイプードルのルイくんに会ったり、何人かのヒトにかわいがってもらって、さんたはルンルン。
やっぱり、家に入ろうとしません。

だ:え~、まだ帰んないの~?
さ:…(もちょっと)…
だ:どうせ、またレオンんち(徒歩30秒)行くくらいでしょ?
さ:…(そんなことないもん)…

てなわけで、またまた歩き始めました。
ご近所のボーダーコリー・ナナちゃんのママに出会って、イイコイイコしてもらえて、さんたは超ゴキゲン!

だ:さんた、本当にもいっかい行くの?3周目だよ
さ:…(行くんだもん)ぐいぐい…
だ:あ、またらぶちゃんだ!
さ:…(ホラ、いいことあるでしょ?)ルンルン…
だ:いいことあるのは、君だけなんだよね

リーダーに「3週目でーす」なんて挨拶しながら、ちょっと気恥ずかしい僕。
「海!海!!」と、最近のさんたにはなかった元気さです。

結局、自宅→海岸→元町→自宅というまったく同じコースを3週もしてしまいました。
途中に出会ったわんこは、

■1周目
・柴犬のハルちゃん
・黒ラブのメイちゃん
・名前を知らない黒ラブちゃん
・チョコラブのマロンちゃん
・名前を知らない柴犬ちゃん
・名前を知らないイエローラブちゃん
・名前を知らないダックスちゃん

■2周目
・黒ラブのらぶちゃん
・ジャックラッセルのあとむくん
・トイプーのルイくん
・名前を知らない柴犬ちゃん2
・名前を知らないシュナちゃん
・名前を知らないウェスティちゃん

■3周目
・ゴールデンのりゅうくん
・黒ラブのラブちゃん(2回目)
・名前を知らないチワワちゃん
・名前を知らないトイプーちゃん
・名前を知らない日本MIXちゃん

いやいや、たくさんのわんこ&ヒトに出会いました。
いつしかカープが負けたことも忘れて、ほど良い疲れとリラックスした気分で、4週目に向かおうとするさんたをおやつで騙して家に入りました。

自称カープ犬のさんた、カープの負けた日はたくさんのお友達に会って元気をもらったんだね。
って、それは僕か…

がんばったさんたのおかげで、元気が出ました。
今日は勝つぞ!


カープなさんた2

とうとう買っちゃった!

2006年04月14日 17:20

ついにやってしまった。

子どもの頃から金遣いが荒い僕も、これだけは今まで買ったことがなかったんだけど。
散財ジャーと呼ばれて久しい今日この頃であるが、とうとう買ってしまった。

その金額 11万1,980円!
こんな高額商品を、僕のような貧乏サラリーマンが買っちゃっていいのだろうか?

6ヶ月定期券


6ヶ月定期券。
今後、この11万1,980円を内ポケットに入れて持ち歩くのだと思うと、何だか緊張する。
なんと言っても、11万円なのだ。

でも、今まで買っていた1ヶ月定期と比べると、6ヶ月でなんと19,900円もの節約になる。
どうだ!これでも散財ジャーと呼べるんか?えらいじゃろ?倹約家じゃろ?
ふふん。

真夜朝の白組

2006年04月13日 19:32

今朝は、2時半に起こされました。
草木も眠る丑三つ時って、このくらいの時間でしたっけ?

さんたは滅多に起こしにこないので、さんたが起こしに来ると、かなりアセります。
おしっこもらしそうなんじゃないか、将軍様が今にもお生まれになるんじゃないか…なんてね。
以前、まったく無視して痛い目にあったことがあるので、最近は素直に起きることにしているのです。

で、今朝も起きました。

さんたは、うれしそうに甘えてくるんです。
かわいいんです。

だ:じゃ、お散歩に行こうか
さ:…(んーとね、まず2階に)てけてけてけっ…(←階段を上る音)
だ:2階?あ、お水?

さ:…(のどが渇いてたんだよね)がぶがぶがぶっ…(←水を飲む音)
だ:飲んだら、お散歩に行こうよ
さ:…(んーとね、その前に甘えんぼさせて)すりすり…(←頭をすり寄せてくる音?)
だ:かわいいこだねー、さんたは。でも、おしっこ行かなくていいの?
さ:…(んーとね、も少し)すりすりすりっ…

20060413192838.jpg


だ:さんた、いいこ。よしよし
さ:…(んん~、気持ちいい~)zzzz…
だ:さんたっ、寝るなっ!起きろっ!
だ:さんたっ!おしっこ行くよ!!
さ:……………

だ:あ、ちゃたも来たの?よしよし…
ちゃ:…(ぼくも甘えんぼ!)ごろごろごろごろごろごろ…
だ:お前ら、いったい夜中に何やらせるんだ…

chatanezo01.jpg


てなわけで、今朝は3時半過ぎまでたっぷり、さんたとちゃたの相手をさせられました。
さんたは人を起こしておいて、自分だけに先に寝て、しかも、4時半にまた起きた僕が起こそうとしてもちっとも起きないんです。
ちゃたはちゃたでマイペースだから、こっちが眠いのもかまわずに猛烈に甘えてくる。
実際、朝のちゃたの甘え方ってすごくて、大変なんですよ。
ま、めちゃめちゃかわいいんだけどね。

結局2時半と4時半に起きたのに、朝の散歩に行けなかった。
ヨメは寝坊した。
何とかしてくれ、あの白組2匹。

貧打復活

2006年04月12日 19:30

僕は、生まれた時からカープファン。
広島生まれの広島育ちなんだから、当たり前です。
カープがないと、たぶん、生きていけない。

僕が小さかった昭和50年代は、カープの黄金期で、ミスター赤ヘル・山本浩二、鉄人(猿人)・衣笠祥雄、赤い疾風・高橋慶彦がスター選手だった。
そのころのカープは投手王国と呼ばれていて、打線は「貧打」と言われていた。

それでも、カープは強かった。
広島野球は投手力と守備力、機動力で勝つ野球なのだ。
貧打だっていいんだもんね。
昭和54年・55年は連続日本一。

そういうカープが今年、復活しつつある。
今シーズン、9試合を戦って3点以上取った試合ゼロ。
昨日なんて3安打完封されちゃったもんね。
チーム打率はリーグ5位。まさに貧打というほかない。

だけど、チーム防御率は現在リーグ2位。
先発陣の防御率は1点台、リリーフ陣の防御率なんて0点台。
いーんだもん、貧打でも。
最後には、投手力と守備力が強いチームが勝つのだ。

勝つのだ。
勝つのだ。
勝つのだ。

シーズン最終盤の10月、中日と激しい首位争いをしているカープを応援していたい。
そして、優勝を決める前田のタイムリーヒットにバンザイしたい。
負けても負けても、今年のカープはすごく楽しみです。
これぞ野球なのだ。
カープなさんた



最近の記事