FC2ブログ

さんたおむつ日記 その1

2005年09月29日 12:32

9月11日(日)

今日は、シャンプーの日。
シャンプー前の恒例行事、肛門腺絞りのために動物病院へ行った。

犬飼いなら大抵の人が知っていると思うけれど、犬のお尻には肛門の4時と8時の位置にちょっとしたふくろがあって、そこに(人間的には)悪臭のする分泌物=肛門腺がたまっている。
肛門腺は人間的には臭いだけだけど、臭いを主要なコミュニケーションの手段としている犬には非常に大切なものである。
で、この肛門腺の分泌がうまくいかなかったり、詰ったりすると炎症とか厄介なことをを起こすことがあるので、定期的に肛門腺がたまっていないかチェックして、たまっていれば出してやる=肛門腺を絞る必要がある。
ま、詳しくは馴染みの獣医さんに解説してもらってください。

獣医師による肛門腺絞りは、肛門に指を突っ込んで肛門の中と外側から指で強く押して行う。
当然のことながら、さんたはこれが大っ嫌い。
そりゃそうだろうな。さんたの肛門絞りを見るたびに、僕は人間で良かったと思ってしまう。
この作業は10秒かそこらで終わるんだけれど、終わると、いつもは先生が「終わったよ~!」と言ってくれる。
ところが、今日は違った。

先:ちょっと…、○○持ってきて!(○○は聞き取れなかった)
奥(先生の奥様):何ナニ!?どーしたのっ?
先:………
だ:………
め:………
さ:………

さんたの肛門の周囲に、小指の先ほどの大きさの腫瘍が見つかった。
「肛門周囲腺腫」の疑いがあるという。

診察室で、僕は口がきけなくなった。
まるでコンクリートを流し込まれたかのように身体全体がこわばっていた。
先生の説明を聞いているうち、平静を保とうと努力すればするほど身体は硬くなっていった。

ここで問題となるのは、「良性か悪性か?」である。
悪性ならば、いわゆる「癌」である。

先生の解説によると、肛門周囲腺癌(=悪性)というのは肛門腺のある4時と8時の位置周辺に発症することが多く、それ以外の位置では多くの場合、良性である。
さんたの場合は、11時~0時の位置で見つかっているので良性の可能性が高い。
しかし一方で、良性の肛門周囲腺腫は去勢済みの雄にはあまり見られない症例で、そういう意味では肛門周囲腺癌の可能性も捨てきれない。

頭で考えれば、理屈で考えれば、十中八九、良性である。
さんたの息子・コウスケくんも、やはり肛門に腫瘍が見つかったが良性で元気に生活している。
肛門周囲腺癌といえば4時8時だ、と先生も言っている。
可能性で考えれば、良性の可能性の方が高い。

でも、家に帰って、玄関でさんたの足を拭いていると涙が込み上げてきた。
さんたの顔を見ると、いつもよりもなんだか神妙な面持ちのように見えた。
何が何だかわからないけれど、とりあえずなんかいつもと違う…くらいには感じていたかもしれない。
思わず、さんたの首っ玉を抱えて泣いた。


苦しい日々が始まった。

----------------------------------
9月12日(月)

昨日は、死にそうな日だった。
二人とも元気が出なくて、シャンプーだけは辛うじて済ませたものの、夕ごはんは出前を取った。

朝、起きると、コウスケくんちからメールが届いていた。
コウスケくんが肛門周囲腺腫と診断された時、去勢前か後かを問い合わせたメールの返事だった。
コウスケくんも去勢後だという。
他にも、励ましの言葉やご自身の経験談など、とても元気づけられる内容だった。
うれしくて、ほんの少し元気が出てきた。

ヨメは先生から「犬は我々が思っている以上に敏感だから、飼い主がしっかりしなくちゃ駄目ですよ」と言われたらしい。
また先生の奥様からも「親がしっかりしなくちゃ駄目よ!まさかさんちゃんを抱きかかえて泣いたりしてないでしょうね?」なんて言われたそうである。
まさにそのとおりのことをやってしまった。

周囲の人たちは、やたら「大ちゃん、大丈夫?」と聞くらしい。
ある人は「大ちゃんに消化の良いもの食べさせて」とアドバイスしてくれたそうである。
たしかにお腹の調子があまり良くなかった。

まわりの人は良く見てるな…と思うと少しおかしくなってきた。


----------------------------------

9月16日(金)

今日は、さんたの手術の日。
会社を休んだ。
でも、この日のことは、あまり覚えてない。

朝10時ごろに、さんたを軽く散歩させて、先生のところへ向かい、その後、デニーズに行った。
酔っぱらうためである。
デニーズで生ビールを飲んだ後、近所の魚佐に行って、さらに生ビールを飲みながら刺身や煮魚、さざえのつぼ焼き、地だこの唐揚げなどを食べた。

その後の記憶は、ほとんどない。

きっと家に帰って寝たんだろう。
夕方頃に先生のところに行き、術後のさんたに会ったのは覚えている。
ケージの中で、とてもとても恨めしそうな顔をしていた。
信頼していた僕たちに捨てられたと思ったのかもしれない。
さんたには過去があるだけに、とてもかわいそうだった。

その後は、どうしたんだっけ?
たぶん、また酒を飲んで7時くらいには寝たんだろう。
何もしてないんだから、記憶だってあるわけがない。

さんたの顔しか覚えてない。


スポンサーサイト



山中湖旅行 その4

2005年09月26日 12:34

さて旅行二日目は、まずハッキーパークというドッグランへ行った。
けれど、さんたはここでは楽しめなかったようで、早々に湖畔の散歩に変更。
湖畔の駐車場にクルマを停め、旭ヶ丘の緑地公園での~んびりお散歩。
この日は天気が良くて日向は暑かったんだけど、日陰はかなり涼しかった。
しかも湖畔なので、ビーチ(?)にも降りられて、ビーチ大好きのさんたも大満足の公園だった。
こういう木立の中を散歩していると、海もいいけど湖畔もいいなあという気になってくる。

昼食は、キャンティ・コモというイタリアンレストランでランチ。
ここはウッドデッキになっているテラス席がわんこ同伴OKである。
ルンルンしながら入り口に着くと、何やら店員さんが申し訳なさそうに手を合わせる。

店:ごめんなさい、わんちゃんはお店の中に入れないんです
だ:あ、犬だめなの?
店:いえ、テラス席はOKなんですけど…
だ:テラスでいいです
店:実は店内には入れなくて、外から直接テラス席に行ければ…の話なんです
だ:テラスの入り口ってどこですか?
店:ないんです
だ:え?
店:お客様に抱っこしていただいて、外から手渡しでわんちゃんを…

テラス席は地面より1.2~1.4mくらい高くなっていて、外からテラスへ入る入り口はない。
なので、犬を連れて入ろうと思うと、連れの一人が人間だけ店内からテラス席へ回り、もう一人が外から犬を抱っこして先にテラスに入った連れへ手渡す…という方法となる。
たぶん、店員さんは、さんたを見てそんなことは不可能だと思ったのだろう。
「ウチの店では、こんな大きなわんちゃんは初めてです」と言っていた。
たしかに、僕がよっこらしょっとさんたを抱きかかえてウッドデッキの手すりの間からさんたを入れると、周囲のお客さんが一様に驚いていたみたいだった。
まあ、突然足許からシロクマが出てきたら、誰だって驚くわな。

キャンティ・コモの後は、思い出のペンション・クリスティへ。
ここは僕たちが働き、ピレに出会い、ティムが生まれた場所である。
以前、僕に「悪いこと言わんからピレだけはやめとき」と忠告してくれたオーナー夫妻は、僕たちがピレを連れているのを見てびっくりすると同時に、「なんでこんなデカい犬飼うかな~?」と呆れていた。
僕のピレ好きはアンタのせいやん、とはさすがに言えなかったけれど、でも、彼らに自分のピレを見せられたのは、なんだかうれしかった。

オーナー夫妻にリバーの話をたくさんしてもらった。
彼は死ぬ直前まで、あのまんまの調子でお馬鹿で暴れん坊だったそうだ。
リバーとやったぶつかりっことか、湖畔までの全力疾走がすごく懐かしい。

オーナー達とひとしきり、リバーの思い出話に花を咲かせた後、山中湖を後にした。
話している間、さんたはごろんと横になり寝てしまった。
リバーの話ばっかりしているので、ふてくされちゃったかな?


昨日は良い日だった。

2005年09月23日 12:35

昨日、会社から家に帰ってきて玄関のドアを開けると、玄関にさんたとヨメがいた。
ここ数日、ずっとそうである。

でも、いつもと違うのは、ヨメが満面の笑みを浮かべ、さんたも顔を上げてうれしそうに僕の方を振り返ったことである。

良い知らせが届いたのだ。

僕はその知らせを聞いて、ヘナヘナと座り込む思いだった。
喜ぶというより、ここ10日あまりの緊張感から開放されて力が抜けた。


無実の罪で裁判にかけられ死刑宣告を受けたのだが、控訴審で逆転無罪を勝ち取った…ら、こんな心境なのだろうか。

おまけに3連休で、台風は逸れる見込みで、コップ一杯のビールで酔いが回ってくる。
良いことずくめじゃないか。

詳しくはまた今度書こうと思うけれど、本当に良い日だった。


山中湖旅行 その2

2005年09月15日 12:36

山中湖旅行と言いつつ、初日は河口湖へ行った。
富士スバルランド・ドギーパークで、思いっきり遊ぶことが目的である。
ここにはドッグランは5つくらいあって、万一、さんたの苦手なわんこがいても他のドッグランで遊べると思ったからだ。
が、実際にはすべてのドッグランで貸切状態で遊べたので、心配無用だったけれど。

ドッグランといっても、さんた的にはドッグウォークである。
匂いをかぎながら、柵周りをひたすら回る回る。くんくんくん。
ノーリードで自由に歩き回ることができれば、それで良いのである。くんくん。

おもしろかったのが、芸人・さんたの初舞台だった。
なぜかステージが設置されているドッグランがあり、さんたはなぜか当然のように上がっていった。
ステージはちゃんと上手と下手から舞台裏へ行けるようになっていて、さんたはステージを一回りした後、当然のように上手へ一度引っ込んだ。
その後、ヨメのアンコールに応えて下手から笑顔で登場。
さんたコールがこだまし、気を良くしたさんたはステージから飛び降りるパフォーマンスも見せた。

と、言葉で書くと全然つまらないのだけれど、実際に見ていた時は、さんたがあまりにもステージ慣れしていて、あたかもそういう訓練を受けたかのように振舞うのがおもしろくって抱腹絶倒だった。
動画を撮らなかったのが残念でならない。

その後はアジリティーショーで注目されていたわんこたちに触発され、さんたも初トライ。
やはりここでも慣れたもので、輪っかのそばをすり抜け、平均台(?)の下をくぐり、三角山を無視し、ハードルをまたぎ、スラロームを通り過ぎて得意満面でゴールイン!
アジリティーの鬼と化した。

そんなこんなで、それなりに楽しく遊んだのだが、このドギーパークの欠点は「犬のレンタル」をやっていることである。
というか、レンタル犬の展示方法が非常に悪くて、狭い檻の中に入れたうえ、外から丸見え状態である。
僕たちが通りがかろうものなら、レンタル犬が一斉にわんわん吠え出す。
ストレスを抱えて檻の中でぐるぐる回っている子もいる。
正直言って、そういう犬たちを見るのは非常に心苦しいものがあった。

犬を飼えない人たちに、このドギーパークで犬と触れ合ってもらおうというコンセプトは悪くない。
でも、あの管理方法はいただけない。
犬にもスタッフにも不要なストレスを与えているように思えた。
もちろん、客としている僕たちも、無用なストレスを感じた。

あれだけ広い土地があるのだから、もっといろんな方法があるはずである。
ドギーパークの経営者には、ぜひ考え直してもらいたい。

楽しかった思い出とレンタル犬たちへの複雑な思いを胸に、山中湖へ向かう。


山中湖旅行 その1

2005年09月12日 12:37

金・土曜日に、河口湖・山中湖へ一泊旅行に行った。
山中湖というのは、僕たちがグレートピレニーズに初めて出会った場所である。

「ほとんど週刊~」でも書いたけれど、泊り込みでアルバイトしたペンションで飼われており、よく散歩に連れて行ったので、彼らが僕らにとってのピレのスタンダードとなった。
とは言え、すごい暴れん坊のピレだったので、ヨメなんかは「ピレは絶対に飼わないっ!どうしてだいすけがピレを欲しがるのか理解できない」と言っていた。

初めてピレを見たときのことは、今でも鮮明に覚えている。

とにかく、その大きさに驚いた。
当時、愛すべきわれらがリバー先生は70kg超。
顔も身体もめちゃめちゃデカい。
こんなデカい犬がいるとは、夢にも思っていなかった。
常識はずれの、まさに驚愕の大きさだった。

リバーとスカイは中庭にいて、中庭に面した窓から初対面をした。
僕たちが窓辺に行くと、2頭ともテテテッと走り寄ってきた。
すごくすごくかわいくって、僕はどうしても触りたくって窓を開けた。

ドドドドォォッッ!!

そんな音とともに、僕たちをなぎ倒し、リバーとスカイは脱走していった。
運悪く、玄関のドアが開いていた。

玄関ドアの向こうで一度、リバーは僕たちを振り返った。
笑っていた。
そして走り去って行った。
僕たちがアルバイトとしてペンションに到着して、まだ10分経つかどうか…という時の話である。
とんでもないアルバイトを雇ったものである。

リバーはもう他界したのだが、死ぬ直前まで暴れん坊だったという。
オーナーは、僕にこう言った。
だいちゃん、悪いことは言わんからピレだけはやめとき。えらい目に遭うでえ。

ヨメは大きくうなづいていた。



2005-09-12.jpg



画像は、リバーとスカイの仔犬たち。
僕も彼らの子が欲しかった。




最近の記事